“IPSディスプレイ”の凄さ!!-“10インチ”タブレット!!-“MARVUE”社製-“Pad M10”-“Android10.0”-“RAM2GB-ROM32GB”搭載!-“4コアCPU”のレビュー!!

お恥ずかしながら私は
日本語でいうところの
"ガラ携帯"利用者で、
出先="アウトドア"では
全くWEBクラウドとコネクトできない
もはや"天然記念物"のような者です。

普段の仕事では非常に桁数の多い
数字で調査をしなければならなかったり、
帰宅するとPCで記事の執筆を
することが多く"眼精疲労軽減"のためには
あえて"小さな液晶画面"を避け続けてきました。

しかしながら現代の"世界"的潮流には逆らえず、
WEBマスターとしてサイト運営する者にとっては
圧倒的多数の読者の方たちがなんらかのモバイル端末
を利用してアクセスしているという事実があります。

仮にGoogleの"モバイルフレンドリーテスト"では常に
合格ラインのサイトであってもサイトの更新によって突然
表示がされなくなってしまうなどということも多々あり、
"本物のハードウェアー"で常に
"検証"しなくてはならない状況になってきました。

既に8インチ液晶(TFT液晶型)の
ドコモの"d tab"(d-02k)は所有しており、
Android8.0(Android9.0迄対応)、WiFi機能は
IEEE802.11a/b/g/n/ac 2.4GHz or 5GHz対応の
他社製タブレットは
"サイト検証用"として申し分ないものの、、
最近読者の方々のなかでは"10インチ"クラスの
タブレットからのアクセスが急増していたため、
本機であるMARVUE社の10インチタブレットの導入に至った訳です。

結論から申し上げますと本製品では
この低価格で申し分のない性能です。

近年、IT部門のエレクトロニクス製品に関しては、
こうした外国製品の良品に圧倒されるばかりです。

本機をもっと早く導入しておけばよかったと後悔しています。
ひとつは"10インチ"のモバイル端末の所有者が世界中で激増
している理由を"実物"で体験し、知り得たことは私にとって
大変有意義であり素晴らしいことでした。

つまり"サイトの検証用途"としてだけでなく、
本機を導入したことに依るサプライズな要素としては、
執筆での校正などを行う際は
"デスクトップPC"よりも誤字や脱字や
誤植などの判読に極めて"気付き易く"
"効率"が良い!ということに感激しました。

そのことは、
なるほど"10インチ"というサイズは
それ以下の液晶サイズのモバイル端末に比べると
可搬性="持ち運び"には若干優位性は劣るものの、
自宅などで"閲覧"する上ではデスクトップPCに決して劣らないほどに
極めて"集中"="没入できる"サイズのモニター画面!であるということに
気がついたのです。

掲載写真を踏まえて、
これから購入検討される方に
とって一助になればと思って、
導入に関して記憶に残った幾つかの事を列記いたします。

【開梱:】

透明の薄いシュリンクで包まれた化粧箱は
とても美しいものでした。
日本製に比べた"低価格"には見合ってないと感じます。

中身も同様で、
本体は柔らかいグレーの素材にシュリンクされ袋から取り出すと、
液晶表面に英語で"Attention"という"透けたシールド"で覆われていました。

そして本体を手に触れた瞬間、随分と"軽い"なという印象を受けます。
私たちは目から見える情報で"過去の記憶に遡り"何事も判断する嫌いがある様子で、
見た目の高級感に比べて"軽い"という印象を受けるのです。
選択色は黒ですが、言葉でいうところの"マット・ブラック"(艶消しの黒)が主体です。

"取説"が同梱されているので、
液晶表面にある"英語"は理解できなくとも全く問題ありませんが、
掲載画像左上の付箋のようなシールドを剥がす箇所は少しだけ注意して
剥がした方がいいと思います。

私は無骨な性格なため?英語もたいして読みもせずに、
その白い付箋箇所から思い切り剥がしてしまい、
内部にある透明の液晶保護シールまで少々痛めてしまいました。
このシールドのすぐ裏側は"液晶保護専用の透明シール"が存在します。
最初剥がす際には注意してください。

【セッティング:】

本機は多くの点数の付属品はなく、
TYPE-C&USBの"オス&オス"のタイプの
ケーブルと電源供給用のアダプターと
先述した"取り扱い説明書"と至ってシンプルな構成です。

私の元に届いた"ロット"は最初からそれなりに
本体バッテリーに"充電"がなされていました。

電源をオンにすると、
まず最初に言語設定がありますが、
これはAndroidデバイスの世界言語が表示されるので、
日本国内だと日本語かもしくは英語に設定される方が多いと思われます。

次は確か、"最寄りのルーター設定"になったと思われます。
つまり最も強い"感度"のWi-Fiルータが現れますので、身に覚えのある
ルータを選択、あとは無線セキュリティーキーやPW(パスワード)
を正しく打ち込めば接続が完了します。

※ちなみに私の使用環境においては5.6年も前の古い
NEC社のWi-Fiルーター(Aterm WG1800HP2)にての記述となります。

そのあとはついでに!?
私にとっては初めての体験で
"データ引っ越し"を
無線経由&Google経由で行ってみました。

↑左側が "d tab"(d-02k) 。右側が "MARVUE"M10"

つまりすでに所有している
8インチのドコモの"d tab"(d-02k)から
本機である"MARVUE社の"M10"への
データやアプリの移行です。

これも時間はそれなりに掛かりましたが2ギガバイドサイズの
データ&アプリその他の移行は案外、あっけなく簡単に終了。
(本機がGMS認証済み?だからでしょうか?このあたり疎くて
きちんと把握できてはおりませんがすべて上手くゆきました!)

またバッテリー切れで
途中でやり直すのが面倒だったので、
途中から両機種とも有線で電源を
供給しながら行いました。たぶん
充電をしなくても30分以内でデータ移行は全て終了してました。

【運用:】

運用する前に、
近所の"ダ○ソー"の100均で、
"500"円の黒塗りのスチール製の"タブレット置き"を
購入してました!!(本機を触るのを楽しみにしてました)

電源のチャージ力ですが、
雑感ですが遅くはないと思います。
持ち=耐久力も悪くないと感じています。

実は私が最も気にしていたのは、
Wi-Fiスペックが"2.4Ghz"であるという点です。

"ここ"だけが本機の"不安要素”であったといっても
過言ではありませんでした。

ただ本機クラスのレベルの
タブレットの"5G"となると、
価格は数倍に跳ね上がります。

本機のスペックが宝の持ち腐れにならずに?
果たしてしっかりと自分の環境下(Wi-Fi)で繋がるのだろうか!?

結果はいかに?!・・

・・・・!!

・・少なくとも、使用環境下は
完全な鉄筋構造ではありませんが、
軽量鉄骨にあたいする家屋構造です。
縦軸(上下)ではなく水平軸での距離での曖昧な結果となりますが、
使用したルーターは先述したように日本製(NEC)のAterm WG1800HP2。

ルータの置き部屋から水平に
2つは別部屋の和室での検証下にて
廊下を隔てるとおおよその距離は"7メートル"はあります。

少なくとも、
私の運営するサイト表示="eichanx.com"にはなんの問題も生じませんでした!

素晴らしい!!

さすがに"べたっ"!と机に平置きしてると
感度は鈍りますが(どのモバイルもこれは一緒でしょうか)、


先日購入した"専用スタンド"では想像以上に、
かなりすばらしい結果に!!

ヘビー‐デューティー(過酷)な
ゲームを行わない私にとっては、
なんの不憫もありません。

それからこれは
余談になりますが、

"8インチ"以下のモバイル表示と、
"10インチ"になると表示の世界が明らかに全く違う!

さらにネット上のライト・ゲームをやってみると、
"BGMが違うコンテンツ"が結構あるある!!

そして、
自分のサイトを見て感慨深くなりました!!
10インチの方が、なんかこう、凄みがある!

というか手前味噌で恐縮ですが、
表現力が送信側としてより"ダイレクト"なんです!!
つまり"RAW-DIRECT"="生々しい"、のです。
例えばiPhoneや画面の小さいAndroidよりも遙かに!!
その内容は全く同じでも、表現”力"を客観的に査収すると明らかに違うと感じるのです。

少なくとも本機種である、
"MARVUE社の"M10"で見た
"日本語"のフォントの美しさは
デスクトップPCのいつも見ている
ウィンドウズのものとは異次元に
凄く映えているのです!

"10インチ"サイズって人間工学的?に
"ベスト・エフォード"なサイズなんでは?とつい思ってしまいました。
(そんなモバイル表示の違いもろくに
知らずサイト運営しているなんて、
なんとものんきで頼りのない管理者ですが..)

ストリーミング=YouTubeなども視聴しました。
問題ないです。

本機に搭載されている
比較的高価と称される"IPSディスプレイ"の真価をご説明するほど
私は液晶モニターに詳しくないので差し控えさせて頂きますが、
少なくとも静止画や文章においては相当美しく表現できるのが
"IPS"なのではと自分が管理するのサイト検証を
行っているうえで強く感じたことです。

誤解を恐れず極端な言い方を述べるならば、
猛烈にしっかり!!と読みたい"漫画"や"静止画"や"文章"があった場合、
つまりそうしたサイトやブログやコンテンツですね、

"IPSディスプレイ"はかなり強みで
表現に凄味を帯びてくるのではないでしょうか?

最後に本機に搭載されている音に関してです。

搭載S.P(スピーカー)の音(サウンド)は合格だと感じました。
厚みはありませんが、綺麗な音です。
かなり音にはうるさい人間だと思っていますが、
高音は澄んでいますし、これだけの機能を搭載して低価格なのですから、
完璧に合格だと思います。

さらに・・ヘッドホンでの出力はどうでしょうか。

日本の制作現場ではデファクトなモニタリング用の
ソニー製の"MDR-CD900ST"にて本来は聴きたかったのですが
生憎、ステレオ・ミニ変換コネクタがどこかに
いってしまって同社(SONY製)である、
どちからというとAVや音楽鑑賞用途で使用される
"MDR-XD400"にてリスニングしてみました。

・・・。

・・・素晴らしい!!!

思ってもみなかった
これは想定外の"サプライズ"でした!!

凄味があります。
・・・良いです。

購入での一助になれば幸いとして、
レビューいたしました。

悪い点を記そうとしましたが、
今のところ、
ありません。

あえていえば、
本体の材質上、
指紋や手垢が目立つくらいでしょうか。
ウエスで磨いたり、
ハンカチで拭えばすぐに綺麗になります。

本機を一言で評価するならば、

"IPSディスプレイ"の文字の美しさと内蔵アンプの音質の良さは
低価格に不相応な高い品質と機能!!

とでもいいましょうか。

大変満足しています。
それでは!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。