狭山事件で一冊だけ選ぶなら此の書!-“検証・狭山事件”―女子高生誘拐殺人の現場と証言-“伊吹 隼人”氏著

最高の良著です。
狭山事件に関する調査分析力は
(リサーチャーとしても)他書より優れ,
始終安心して読み進める事が出来ました。
狭山事件は余りにも不可解な点が多く,
そのどれもを無理矢理関連付けたりこじつけ様
とするとさらに四面楚歌な状態に陥るという
「迷宮入り」そのものな事件ですが,本書は
過去の情報(主に他書)の是正も非常に細かい点で
検証されており,
何かのきっかけで「狭山事件」に興味を持たれた方
が本書を軸にして,他の情報とを照らし合わせる上でも
バイブル(教科書)として威力を発揮すると思います。
丁寧に史実(事実)と推理とをきちんと
分け,冷静に判断してゆく著者に濁りはなく,
本当に素晴らしいです。
現場の「今」の章と関係者の「新証言」は
いささか退屈する面もありましたが,
他の「狭山」情報を得ている方にとっては貴重
な内容であるといえます。
中盤の「検証」・・ラストの「推理」の章・・辺りは
この書の最大の魅力です。
狭山事件で一冊だけ選べといったら迷わず
わたしは本書をお伝えします。

↑Amazonで見る↑

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。