23.”尾崎豊”-Mama, say good-bye No.24を演奏する前のインプレ-Explanation of No.24th-impress “Yutaka Ozaki”!!

お久しぶりです。
I haven't seen you for a long time..
日本に To Japan..尾崎豊という男性アーティストがいました。
There was a man artist named Yutaka Ozaki.
1992年4月25日,享年26歳でこの世を去りました。
It departed this world by age at death 26 years old on April 25, 1992.
今から,4半世紀以上前に亡くなりましたが,
今尚,新しい若いファンも増えていますし,
昔からのコアファンのみならず,
大物ミュージシャンに 尊敬されている人物でもあります。
It has increased now the number also of still new, young fans, and is a person respected by not only the core fan from old times but also the important person musicians though it died ahead longer than four half a century now.
今日は彼のラストアルバムの最後の曲を歌います。
一度もライブで歌われることはなかったballadeです。
The last tune of his last album is sung today. It is ballade that did not have never to be sung live.
改めてアルバムジャケットを観ると,凄いカバーデザインです。
It is a cover design wow!! when the album jacket is seen again.
カバーデザインは田島 照久(たじまてるひさ)という日本人の アーティストが担当しています。
Teruhisa Tajima Japanese artist is taking charge of the cover design.
草原みたいな妙な場所で, 尾崎本人が寝転んでいて,手前に板が乗っています。
Ozaki himself is lying down in a strange place like meadow, and the board has gotten on forward.
これは草原や水田にある,橋げたですね。
These are bridge girders in meadow and the rice field.
それとひとが歩くケモノ道みたいなのが描かれています。
It is drawn like the brute road where it and the person ONLY walk.
これはまぁ,車道(ハイウェイ)でない事は確かでしょう。
As for this, the thing that it is, and is not the roadway (highway) might be certain.
しかも,本人の寝そべっている胸の辺りで, 十字架の様にクロスしている。
Moreover, it crosses like the cross near the chest where the person in question is lying down.
このあぜ道の様なクロスは, 我々の人生や出会いを描写しているのでしょうか?
Does crossing in this footpath describe our life and meeting?
ヒビの入った手前の橋げたも,誰かの人生でしょうか?
Will the bridge girder in this side that the cracking entered be someone's life?
印象的な表紙です。
It's an impressive cover.
No.24のMama, say good-byeの演奏のインプレッションとさせて頂きます。
Please let me assume the impression of the performance of No.24(Mama say good-bye).

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。