この”サイト”の回線速度を”上げ”ました!!-F.B(FaceBook)の心臓部のサプライズ画像!!

本文の掲載画像は
この記事の内容とは全く違うものです。
現代の"トップエンド"のWEBサーバーの画像となります。
↓これでもかなり以前のF.B(Facebook)のサーバー群の画像

このサイトは一部の
熱心な読者の方で"支えられて"おります。

↑間違いなく"Google"である。
↑ It's correct and "Google. "

本当に"抱きつきたくなるほど"嬉しく感じています。

"あなた"がいるから私は
強い"励み"となって記事を投稿し続けています。

大変お遅ばせながら,
ようやく"この運営している私のサイト"のサーバーを
"SSD"化しました。

そのご報告です。

特に,モバイル端末で本サイトを閲覧なさってる際に
レスポンスは以前と比較して"軽く"なったのではと想像しています。

私はなにせ、未だに
モバイル通信端末を所有していないのです。

アンドロイドもマック(i phone)も一台も自己所有していない
"日本人の化石"のような存在です。

先日までは私自身でさえ記事をuploadedしながら
編集している最中、ハンドリングが遅くて辛いし,
それよりもさぞや記事を読んで下さっている"あなた"が
ずっと"苛々"しているに違いないと・・そう思うと,
本当に申し訳ない気持ちでいつもいっぱいでした。

今回のこのサイトのサーバーの
アップデート内容は以下となります。

----------------------
ディスク容量: 120GB → 150GB
ストレージ: HDD → SSD
独自ドメイン: 100個 → 200個
MySQL(DB数): 30個 → 50個
CPUコア数: 約2.6倍に向上
CPU処理能力: 約2倍に向上
メモリ数: 最大12倍に向上
ディスク性能(SSD): 最大35倍に向上
------------------------

↑サーバー側のあくまで机上の空論かと思える内容は多々ありき・・と思っています。

他のもの凄い集客数のwebマスターの方から見たらさぞや貧弱な仕様かと思われますが,
私にとってはSSDの実装化は,やはり記事を購読して頂く上で
受信上、体感速度は俄然違うだろうと期待はしています。

記事を投稿して"清書"する際にはいつも
バーチャル的にモバイル端末(i phoneやスマホ並びに
タブレットやノートパソコン)ではどう記事が投影されるのか?と
確認はしていますが,"所詮"バーチャルに過ぎず,
他人の本物のモバイル機器をたまに"拝借"して自分のサイトの
投稿記事を見てみたら,あれっ!実は何も表示されていなかった・・等多くあります。

"Extra Large"と表示される事も多いです。

ご存じの通り、私の記事内容は画像も動画リンクも多く、文章量も多いです。

脆弱といっては失礼ですが、据え置き(デスクトップ)PCに比べ
殆どのモバイル端末は物理的に限界値が
低いのは仕方のないことで、ひとつの記事を1ページとして最後までスクロール
するタイプの投稿となると"たちどころに"実装メモリに限界が生じてしまうことも
少なくありません。

記事内容を複数の頁に切り分ければ、
その問題を回避できるのですが、私にとって"ページ数"を闇雲に増やすという
手段は出来る限り避けています。(キーワードの重複や"記事の量産の目的"と疑われる
行為は私のこのサイトのポリシーに反しているからです)

↑21世紀現在のグーグルのサーバー群のひとつ。"テロリズム対策"としてまるで洞窟のような暗さである。
↑21'One of server groups of Google of the present provinces of century.
It is dark as if the cave as "Counter-terrorism".

意地を張り続けて?
モバイル端末を所有していないという訳ではなくて,
自分の"肉眼"の健康維持のために,あえて所有していない,
というのが主たる理由です。

ただ、やはりサイト運営をするうえでは、
モバイル端末をCheckする上で、"本体"を持っていないというのはかなり厳しいです。

グーグルからはいつも、
"文字が小さすぎて読めません!"とお叱りを受けていますし、
どうしてもモバイル端末の最適化はおろそかになりがちです。

↑洞窟のように薄暗いグーグルのサーバー群。神経質なまでのハッキングや情報漏洩の配慮を伺い知れる。
↑ Server group of Google dim like cave.
The consideration of hacking and the leak of information to nervous can be heard and it know.

こんな管理人の運営するこのサイトですが、
是非とも今後もどうかよろしくお願いいたします!

"あなた"にとってほんの少しでも、
"なにか"感動できるような、質のよいコンテンツをお伝えしたいと願ってやみません。

The publishing image of the text is quite different from the content of this article.
It becomes the image of the WEB server of modern "Top end"!!
↓ This is an image of the server group of F.B(Facebook) considerably before.

"It is supported" goes down to this site in some ardent readers.

I really feel "Come to want to cling" glad.
Because there is "You", I become strong "Encouragement"
and keep contributing the article.

At last, the server of "Site of this me who had managed it" was made "SSD".

It is the report.
Especially, when you inspect this site with a mobile terminal
The response imagines becoming
"It is light" compared with before.
I do not yet own the mobile communication terminal.

It is existence like "Japanese fossil" not self-owned by android,
Mac (i phone), and even 1.
The other day was slow handling and was painful,
and when "You" to read the article from it surely was sure to do "Irritation" for a long time while even I edited it while doing the article in uploaded ‥

Always fully in feelings that apologized really when thinking so.
The content of the renewal of the server of the site of this of this time becomes the following.

-----------------------------------------
Capacity of disk:
120GB→150GB

Storage:
HDD→SSD

Original domain:
→ 200 piece 100 pieces

MySQL (number of DB):
→ 50 piece 30 pieces

Number of CPU cores:
It increases by a factor of about 2.6.

CPU throughput:
It doubles.

Number of memories:
It improves to 12 the greatest times.

Disk performance (SSD):
It improves to 35 the greatest times.
-----------------------------------------
↑ It's possible to think the servers end to be a desk theory to the end.
It is expected that a virtual speed in the reception might be ever more different
for me to subscribe to the article to mounting SSD still though it seems that a surely poor specification when seeing from the web mastering of another

terrible.

There is It did not pass as it was "Place cork" virtual,
and when "Borrowing" was occasionally done and the contribution article on my site was seen, nothing ..mobile device genuine of others.. was displayed
... actually though it was confirmed how the article was projected always virtual in a mobile terminal (i phone, Smart-phone, tablet, and notebook personal

computer) when the article was contributed and "Fair copy" was done ‥ a lot. ...

The thing displayed, "Extra Large" is abundant.
It passes to knowing, and a lot of amounts of sentences are also large.
the image and ..content of my article.. link animation
Excuse me when saying it is weak, it is not few to cause
the limitation in mounting memory as for the contribution of the type that scrolls to the last minute as page of one article 1 there is no method
..the low the limit value more physical than PC most mobile terminals ..leaving (desktop) untouched.... either.

The content of the article is avoided the means of increasing
"Number of pages" to the dark cloud for me is avoided as much as possible though the problem can be evaded to two or more pages if it divides.

Key word..repetition..article..mass production
..purpose..doubt..act..this..site..policy..against..-.
Daring not to own it is a leading reason to straightening the health maintenance
of not the translation of not owning ? mobile terminal with keeping obstinate but my "Naked eye".

However, it's considerably severe to manage the site still without
"Main body" in doing a mobile terminal in Check.

The scolding is always received, and the optimization
of a mobile terminal tends to become careless from Google by all means ,
saying that "Because the character is too small, it's not possible to read".

By all means my best regards in the future please though it's this site that such a manager manages.
Wishing that high quality "Something" contents
by which it can impress it are told even just a little for "You" doesn't stop.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。