【エアークリーナー交換】HKSスーパーパワーフローΦ150交換用フィルター(HKS社製インテーク)のレビュー

Review of Filter for HKS super-power flow Φ150 exchange

この記事は全世界中で愛されている
"通称”毒キノコ"と呼称される
日本の企業であるHKS社の
自動車用エアクリーナーの
フィルター部分の定期交換に関してです。

エアクリーナーで超有名な
メーカーはアメリカのK&N社
であったり,

BLITZ="通称”茶こし"と呼称される
ものだったり色々ありますが,

自分の場合は先に取り付けた
マフラー(排気)がHKS社製であったため


吸気(エアクリ-ナー)部分も
同社に合わせればバランスが良いかなと
いうあくまでド素人的な判断で取付けてます。

"毒きのこ"のフィルター関しては
ずっと近所のカーショップのジェイムズ(jms)
=「Joyful Motorist Shop」(トヨタグループの会社)
でいつも「黄色」も「赤」もこの「緑」色も総て
購入していましたが,取り扱いを中止してしまった為に
今回初めてネット通販で購入しました。

今まで全然気にも留めていなかったんですが,
出て来る出て来る・・"商品のインチキ話”!!w。

Amazonでさえ
何人かの方が模造品であった為に
返品したとのコメント(レビュー)がweb上ではあり,
正直驚いています。

じゃ誰を信用したらいいんだよ?w
という事になります。

こうした悪質?なそっくりな模造品コピー商品の販売を
"スーパー・コピー”と呼んでいるみたいですねぇw

アディダス(Adidas)・・を
鰺ですだったり↓

火事デス!だったり↓


定番のw
アディドス↓(adidos)


だったりはパロディなので本人理解して着たりしてるんで
楽しいかも知れませんが,

HKS社の”模造品”が出回っている事実は,
下手すると車自体をぶっ壊してしまい
兼ねないので悪質だと感じます。

個人的には,グルじゃなければ販売代理店の方ですら
悪意はなくてむしろ”被害者”側の立場なのかも知れませんね。

で,今回購入したAmazonから到着した
毒キノコのフィルターでしたが,
私の感覚では”正真正銘のホンモノ”と判断しました。

名誉挽回して貰う為に?私なりに最大評価とし
きちんとレビューをタイプしたつもりです。

「じゃおまえはどうやってニセモノとホンモノの区別がついているんだ?!」
って話しになるのですが・・w

正直言って・・これは私の動物的な直感!です。
身もふたもない話しですが・・ごめんさい。

でも少なくとも数十回は同じ条件下
【(DE5FS demio=MAZDA2 SPORT 1.5L)】にて
フィルター交換を行っています。

なのでシュリンクされた袋を触った感触・・袋を破った瞬間の感触,
そして本体(フィルター)のざらつき度,見た目で判断しています。
匂い?はサスガに分りませんし・・嗅いだ事がないので未知数です。

掲載写真を見て頂ければありがたいです。
今回の通販で購入した商品は・・
限りなく私にはホンモノに感じます。

搭載マシン(車)は
排気量の低い自然吸気
NA(Natural Aspiration)で
エンジンチューンの無い
おとなしいマニュアル車です。

HKS社のマフラー&エアクリーナーを装着しているからといって,
激的な変化が起きている訳ではございません。

吸排気の音はノーマルに比べ全然変りますが
正直言ってエンジンのレスポンスとなると,
高回転で少しトルクアップしているかなと,
殆どブラシーボ効果に近い?汗・・w
その程度です。

エアクリーナー全体は以下↓です。


--------------------------------------
HKSインテークシリーズ(HKS INTAKE SERIES)
BA- DE5FS ZY-VE 07/07-14/08
Racing Suction Φ150-60/Red 70020-AZ109
--------------------------------------
2019年現在はさらに改良されたシステムが開発された様子ですね。
私もキノコの部分だけでも交換したい。

最新モデル


改造する前のエンジンルームです↓

取付は・・自分でやってしまおうと一瞬思ったんですが,
ウォシャー・タンクを移動しなければ取付出来ない事を
知って・・面倒だなと感じてしまって・・ディーラーさんで
組んで貰いました。3時間位掛ったかな・・。

ウォシャー・タンク移動(もはやギリギリの設置状態)

良い仕事をして頂きました!

また余談ですが,ご周知の通り,
マフラーは騒音の問題があって
日本の車検制度はうるさいですけれど,
エアクリーナーに関しては改造は合法下です。

赤色・黄色は湿式(油でフィルターが湿っている)タイプの
2層式と呼ばれるもの(昔は青色もありましたっけ)・・
"通称"ザルw・・と呼ばれる事もありますね。
つまりザルと同様だという事でしょうか・・。

つまり防塵力が無いという事を意味していますw。

その問題を克服しようとしたものが,
緑色の乾式3層タイプと呼ばれるものです。

湿式2層タイプと比較すれば一目瞭然ですが
中間に目の細かいスポンジが挟まっています。

上が2層・下図が3層(HKS社の資料から抜粋)

HKSの資料によれば乾式3層と湿式2層では、
乾式3層の方が湿式2層と比較すると集塵能力は50%も上だそうです。

HKS社の資料から

ほんとかどうかは自分には分りません。

赤も黄色(2層タイプ)を使っていても,
フィルターの「外側」の汚れはつき易いですが(湿式で油成分が
外気の埃を付けてしまうからでしょう)
サクションパイプ内に外気からの汚れが進入したという
経験が皆無だからです。
↑上記の湿式と呼ばれる"油”の成分は・・ちょっと分りません。
あくまで邪推ですが・・これは純度の高い
非水溶性の”シリコーン”ではと私は
感じていますが・・違うかも知れません。

しかしあくまで一般人でパイプ内の
付着物質の組織検査をしている
訳でもないので,
あくまで目視での判断という事でご了承願います。

↑この部分がとても大事ですが,
私の場合はフィルターの交換期間がとても早いという点,
(湿式2層式の場合は長くても3ヶ月ごと,3層式は半年)
おそらくホンモノであれば防塵能力が
2層式もそれなりに高いと私は感じています。

つまりニセモノの場合は,防塵能力が酷い為に
パイプ内を汚し,最悪の場合は車の温度センサーを破壊
してしまう程フィルターの性能が劣るという事です。

温度センサーM4のプラス10㎜
狭い場所なのでネジの抜き刺しがやや面倒(銅ワッシャの様な部品も必ず地面に落としてしまいますw)

実際ニセモノフィルターのせいなのか?温度センサーが
破壊され修理なさっている方もネット上ではおられる様子ですね。

エアクリ・ムキだしタイプは,凄い砂埃や
ダート(砂浜や水たまり)には注意が必要です。

なにせムキだしですので,
熱対策・・熱の遮断対策は検討すべきですが,
私の場合なにもしていませんw。

ただ,OBDⅡから温度センサーで取得した
外気温度は車内で目視で拾うようにはしています。
極端な温度変化が持続した場合,エアクリ付近で
何か問題が起きている筈です。

純正温度センサーの近写・・車種違えど似たものが付いている筈

実は・
私の場合はオークションの取引きが多いので,
このHKS INTAKE SERIES本体そのものは
誰だか全く分らない方から入手したものでした。

依ってホンモノとニセモノの区別がつかないですw。

ニセモノか気になってw納屋から探して化粧箱を引っ張り出した!

ちょっと気になって撮った写真を見ていましたら,
ありました・・
TCM(Tamiya Creative Master)のロゴが刻印
されていました。


ニセモノもここまでやられたらもうホンモノとたいした違い
がなくなってしまうかも知れませんが,つまりHKSの樹脂
(プラスチック)部分は世界的に著名な田宮模型が製造
している訳です。

TCMの刻印がもしなかった場合,
超レアなホンモノ?か,贋作(ニセモノ)である可能性は
高いような気がいたします。

しかし,今でも
所持していますが,
HKSインテークのパーツマニュアル等の
印字精度が非常に低く,読みにくい。
いかにもニセモノ臭いw。でも
HKS社の取説は元々ホンモノ自体汚いから
それこそホンモノの証でしょうか!爆

最後に
HKS搭載のマッスル・カーを
ナイスガイ!な谷口信輝氏↓ が駆動(ドライビング)する
ド渋い動画で本記事を〆させて下さい。

This article is loved in all parts of the world.
It's barrier Shite to a regular exchange in the filter part
of the air cleaner for the car of the HKS Co.
that is the enterprise in Japan named "Alias" poison mushroom "

A super-famous manufacturer is an air cleaner it,
K&N Co. in the United States, and the one named BLITZ ="Alias" tea strainer "w・・
though it's variously

It installs it for me by a rank amateur to the end judgment
of the match of suction (Air cleaner) part to this company because
of made by the HKS company the muffler (exhaust) previously installed and well-balanced.

Filter barrier Shite of "Poison mushroom"
"James" in car shop in the vicinity for a long time (jms)
It bought it for the first time by the net mail order this time
co's handling had been discontinued though all "Yellow", "Red",
and these "Green" colors were always bought
by "Joyful Motorist Shop" (company of the Toyota group). ..

"Fraudulent story of the commodity" w that comes out though had not stopped
in the nature at all up to now. come out
Even Amazon
Because some were replicas
The comment (the review) of having returned goods is on web,
and there's honesty.

Then, when who is trusted, is it good?
It becomes a thing of w.

Such a malignancy?
W ..seeming call sales of imitation goods copy commodity "Super-copy"!..

To tell the truth, ‥
It knows by intuition to this of me animal.

Though it's speaking without the body and the cap either ‥ The noodle dice.

However, at least tens of times are the same condition under.
(DE5FS demio=MAZDA2 SPORT 1.5L)
filters have been exchanged.

The feeling in which it felt after
the bag that the shrink is done ‥

It judges it from externals at the time of
each momentary feeling and main body (filter)
that breaks the bag feeling rough.

Smell・・?ww
‥ The smelt thing is an unknown number because it's not.w

If the publishing photograph can be seen, it is welcome.

The commodity bought by this mail order ‥
It's felt that it is unlimited in the real thing in me.

It's engine displacement low,
natural suction NA(Natural Aspiration)
and it's not in the installing machine (car).

It's an obedient manual car.

It's not in the translation to which an exciting change has occurred even if
the muffler and the Eyre cleaner of the HKS Co. are installed.

When the torque has improved a little to tell the truth by
the high rotation as for the response of the engine,

is the sound of almost near the effect of "placebo"w
at all though it changes compared with normality?
Very・・Sweat..the..level.

The entire Eyre cleaner is following ↓.
HKS intake series (HKS INTAKE SERIES) BA- DE5FS ZY-VE 07/07-14/08 Racing Suction Φ150-60/Red 70020-AZ109

before it remodels it ..
engine room it..
The installation ‥
It knew the thing that was not able to be installed if the tank was not moved
and though it was thought that it did for myself momentarily ‥
Feeling that it was troublesome ‥
It united it by dealer.

Good work was done.

Moreover, the muffler has the problem of the noise as shown in well-known though it is a bytalk.

Remodeling is the legality under for the Air cleaner though
the car inspection system of Japan is annoying.

Red and yellow also have the thing that is called one (It's blue color in old times)"Alias" bamboo basket w
that is called two layer type of wet type (The filter is damp by oil) type.

Is't a thing of in a word similar to the bamboo basket ‥. w
that means thing of not having dustproof power in a word.

It's the one that is called the one that it tried to overcome
the problem three green, dry layer type.

It's three dry layer type.
The sponge narrows in the middle eyes detailed though it's ..damp..
obvious if it compares it with two layer type.

In three dry layers and two..damp..
layers according to the material of HKS
As much as 50% seems to be on compared with
two layers three dry layers ..damp.. ..
the dust collection ability...
I do not understand be true.

Even if red uses yellow (two layer type)
It's because the experience that dirt from air went into
in it's none at all though the dirt of
"Outside" of the filter is attached
(It's because the oil constituent puts up the dust of air by the wet type).

↑ The element of "Oil" that is called the above-mentioned wet type ‥
It doesn't understand for a moment.

Though it's suspicion to the end ‥
Though this feels "Silicone" of non-water solubility with high purity ‥
It might be different.

However, please acknowledge that it's not a translation
to which a general person does
the organization inspection of the adhesion material in the pipe to
the end either to the end by the thing of judgment from watching.

↑ Though this part is very important
I feel that a dustproof ability is high and two layer type is also high as such if the exchange period
of the filter is a point (Three layer type is ..damp..
half a year every three months even if
it's long for two layer type)
of very earliness, and a real thing perhaps for me.

It makes dirty for the imitation in a word
in the pipe because a dustproof ability is cruel,
and, in the worst case, the thing that the performance of
the filter is inferior to destroy the temperature sensor of the car.

Is's because of the imitation filter actually?

The temperature sensor seems to be destroyed
and there to be repairing on the net.

It's air cleaner of baring type and it is necessary to note a terrible dust storm
and the dart (sands and puddle) as for the type.

Because it begins to be "air cleaner of baring type"
The heat measures ‥ w not done at all for me though
it is necessary to examine the interception measures of heat.

However, the outside temperature degree acquired from "OBD Ⅱ" with
the temperature sensor picks it up by watching in the car.

Some problems are sure to have occurred in the vicinity of air cleaner of baring type
when an extreme temperature change continues.

Actually
What from one at all from which everything obtained. w
to which distinction between real thing
and imitation doesn't attach depending.

It was when the photograph that was anxious for a moment and had taken was seen ‥
The logo of TCM (Tamiya Creative Master) is marked.

Resin (plastic) part of HKS is ,in a word,
a translation that a famous Tagu model manufactures worldwide though
a real thing and a wonderful difference might be already lost
if the imitation is done here.

The possibility that's the counterfeit of ..bite.. ,
(imitation) will think it is high.
However, still though it has
The print accuracy such as part manuals of
the HKS intake is very low,
and it is not easy to read.

Really w that imitation stinks
However,
In the manual of the HKS Co.,

is because the real thing
is originally dirty,
only it genuine proof?

At the end
The muscle machine equipped with HKS
It's bitter movie that
Mr. "Nobuteru Taniguchi" drives and
"〆" as for the main story thing...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。