BRUN社-ブラウン社-"電気シェーバー-"-シリーズ3-3080sの替刃-アマゾン-"AMAZON"での購入レビュー

BRUN社の3080sのブルー色を購入してから3年が経過!
ひげ剃りの電気シェーバーは,
昔からブラウン社を使用しています。

なんと3年後に今回
初めて替刃を先日購入しましたよ!
という記事内容です!

レビューという程の内容ではないですが,
ばっちり"コンパチブル"="compatible"だったので
レビューします。

我ながら自分の性格にいつも呆れていますが,
"緩急"の精神?!といえば少し神秘的?ですが,

その気質が強い為か?
大雑把な性格というよりも,
もう殆ど無神経?ともいえる程に
普段の日常生活で細かい事が
全くといっていい程に気にならな人間です。

日常生活面においては,
まるで"自分の落ち度"に気が付いていません。

本サイトを深く拝読して下さっている方ならば?
私のいい加減さ・・は"総て"ではない!って
判断して下さる方がおられれば,こんな嬉しい事はございません!

プライベートにおいて
"だらしない"面・・
相当に凄いです。

人生は"緊張"と"弛緩"の繰り返しなのですが,
その"上下"幅が一般の方よりも,自分の場合は
非常に強い傾向があるといえます。

さて,私の"電気シェーバー"の使用は,普段
毎日,使用する訳ではありません。

先日,他の記事でも記載した様に,
"顎"を負傷し,髭を剃るのもままならない日があったので
ブラウン社の電気シェーバーを当てたところ,
"凄い痛み"で咄嗟に顔からひげ剃りを除けたのですが,
唇や顔に小さい穴が幾つも開いてしまって,
結構腫れ上がり出血しました。

BRUN社が勿論悪いのではなくて,
替刃を3年も交換しないで放置している
者は外国の方を含めて
多分私をおいていないでしょう。

外の替刃を良く観たら,
まず錆びているし,
"網"自体既に穴が開いており,
さらに,針の様に破損部が針の様に垂直に突出しておりました!

全然気がつかないで"髭"を剃っていました!で,
顎や顔の一部に塩を塗るように,またもや出血です。

それまでもたまに,
凄く痛いなと思う事も屡々ありましたが,
これは自分の剃りの角度が悪いのだと勝手に思って
髭剃ってました。
殆ど,無知というか"阿保"ですね。

ブラウン社の推奨は,
確か18ヶ月でしたか。

で,AMAZON経由で先日注文しました。

気になったのは,日本で購入する際,
なんで,こんなに値段が変化するの?!

オープン価格にしても,
消耗部品においては,
少々誤差はあるとはいえ,
ちょっと値段が"狂いすぎ"じゃないかと思います。

購入する上での価格推移の幅が,ありすぎです。

なんでこうなっているのか,見当がつきませんね。
↓ちょっと前迄は3000円近くしました。また2020年1月1日時点で価格は安定してきている様子です。私が先日購入した際は1630円(送料無料)だったと記憶しています。

普段のひげ剃りは,
風呂場や洗面所で,
俗に云う,T字のシェーバーを使用しています。

何年か前は,アメリカ産のT字を使用していましたが,
鋭く切れすぎて,酔っていて剃っていると横滑りして
顔面が良く"切れて"しまっていました。

現在は日本製のKAI(貝印株式会社)のものを使用しています。
貝印はそもそも切れが悪い!ので,怪我が少なくて済みます。

私にとっては,"剃り難さ"は安全性を大事
にしていると良い風に評価しています。

貝印のT字の髭剃りはお勧めです!

電気シェーバーは自分が忙しくて,
ひげを剃るのも面倒臭かったり,暇がない時,
車の中で使用する事が殆どです。

運転中,信号待ちしている際に,
BRUN社の3080sで髭剃りをしています。

電気シェーバーは
ずっとBRUN社です。

今使っている以前の型番は
モデルNo,8995でしたか。

この時代のブラウンの機種は"ランニング・コスト"が掛かりました。

今のウォシャブル(水洗い)使用とは違い,
香料のある専用のエタノール水にて洗浄するタイプで
髭剃るだけで,専用の洗浄剤だけで結構費用が掛かるタイプでした。

今回は現行機種のブラウン社の電気シェーバー3080sの
AMAZON経由の替刃の
レビューとしてリンク先がばっちり合ったという
お話でした!

それでは,また!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。