18.【最難関】柴田淳(中島 美嘉)【声】カバー【 Ultra Man’s Cover the obstacle 】Jun Shibata 【 VOICE 】 sing with guitar

この度,私にとって最難関のひとつである,柴田淳さんの「声」というタイトルネームの曲のカバーです。再現において,ギター1本による弾き語りは相当難しく,コードの多くは原曲と違います。
柴田 淳(しばじゅん=1976年11月19日生)は、日本の女性シンガーソングライターです。私は彼女のビック・ファンです。日本人の女性の魅力を全て兼ね備えているといっても過言ではありません。
彼女の歌は,いつも全身全霊です。
そういえば,日本の女性達はいつの時代も全身全霊でした。
誤解を恐れず言うなら,いつ死んでも構わないという程のひたむきさ,です。
他のアジア諸国の方にも是非,彼女の存在を知って貰いたいのです。

天(神)は時に,2物も3物も与える機会があります。
柴田淳の資質は,幾つもの才能を保持しています。
私は,本来,女性歌手の歌をカバーしません。
私は男ですし,ナイーブな面が深く演奏してゆくにつれ,分らなくなってしまいます。
作曲家,もしくは原曲が男性である場合は,別ですが。
柴田さんの音楽は時に,男女の性を超越します。
私はこの曲でタブーを犯します。
柴田さんの曲は,人称が少年(僕)になる事が多々あります。
それも素晴らしい魅力のひとつです。
実は日本語の1人称の多様性は世界の言語のなかでもかなりなものです。それが日本語の難しさであると同時に,繊細ですばらしさであったりします。この曲は中島美嘉(Mika Nakajima)というゴージャス(美しい)女性シンガーに書き下ろされた曲です。中島美嘉は彼女(柴田)を尊敬しています。
残念ながら,中島美嘉の本曲は不首尾(失敗)に終えています。
シンガーである美嘉(Mika)のせいではなく,制作者側のアレンジメントのレベルの低さ,です。
本曲のオリジナルキーはFの#。
私は男性ですがFからカバーを開始しました。文字通り「声」という曲は
当初,私の声は全く「声」になりませんでした。
5回も歌うと今の自分の表現の限界を超え,全身が小刻みに震えました。体がばらばらになりそうな感覚を受ける事がありました。

FからE,EからDの#へ・・全身全霊で歌うと,
この曲の難かしさと,深さを改めて痛感しました。
今回のカバーはC#で演奏しています。
私の声や演奏はひび割れていますが,オリジナル曲は,違います。

日本の凄いアーティストをもっと,知って貰いたい。

超えなければならぬ壁のひとつの曲として,本曲がありました。
未だ未完ですし,曲のハーモニーは全てギターに変換している都合から,原曲とは違います。男によるこの曲は
you tube上でまだ存在しません。どうぞ宜しく。

This time, it is one of the obstacles for me.
It’s a cover of the tune of the title name of Jun Shibata's "Voice".
In reproduction, many of impossible difficulty .. , codes are different from an original tune. playing Narrator with one guitar
Jun Shibata (born on November 19, and 1976) is a female singer-songwriter in Japan. I am her B.I.G fan.
It's not an exaggeration to say that all the charms of a Japanese woman are had both.
Her song is always all one's powers.
Incidently, the age when was all one's powers in women in Japan.
It's earnest and of the degree that you may die when if the misunderstanding is not feared and it says.
I want you for other Asian nations to know her existence by all means. I paste the link of head of the OWNER!!
It is a very valuable film in the TV appearance.
https://www.youtube.com/watch?v=BP-p21ZkfN0
The heaven (GOD) has the opportunity to give two things and as many as three things at time.
Jun Shibata's nature maintains many talents.
I do not originally cover female singer's song.
I am a man I, and do not understand as naive respect performs deeply. When a composer or an original tune is a man, it is another.
The music of Mr. Shibata transcends man and woman's character at time. I violate the taboo in this tune.
There is the tune of Mr. Shibata by the person and is thing who is the boy (I) a lot. It is one of the charms that it is wonderful.
Japanese diversity of one person is actually the Japanese syllabary Rina one in the language of the world.
It is a Japanese difficulty, and it is delicate and wonderful.
This tune is a tune written by gorgeous (beautiful) female Singer named Nakashima (Mika Nakajima).
Nakashima respects her (Shibata).
To our regret, I have finished this tune of Nakashima to no beginning and end (failure). I do low degree at the level of the arrangement on the those who produce side because of no Singer
(Mika) .
An original key to this tune is # of F.
I am a man. The cover began from F.
The tune "Voice" did not become "Voice" at all at first literally.
The body inside trembled little by little exceeding the limit of the expression of the my present self when singing as many as five times. There was receiving the sense to which the body seemed to disjoint. From F from E and E to # of D‥ I was felt strongly because it renewed the difficulty and the depth of
this tune when singing by all one's powers.
I perform this cover by C#.
My voice and performance crack. An original tune is different.
I want you to get to know a terrible artist in Japan more.
One tune of the wall that had to exceed it included this tune.
It is still incomplete, and Harmony of the tune is different from an original tune. the convenience that has been converted the entire guitarThis tune by a man
It has not existed on you tube yet.
Please it is good.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。