破格の安さ!!-“Bonvoisin”社製-油圧式圧着工具-圧着ペンチ-“ハイドロプライヤー”のレビュー!!

当初から余談話となりますすが、
野生の"ゴリラ"の"握力"や"指の力"というものは
"彼等"が本気を出したら
凄まじいものがあるそうですね!
ゴリラの正式名称(生物学名)はなんと!!"ゴリラゴリラゴリラ"。
これ、本当です!!w。
嘘だと思ったら調べてみて下さいね!w

野生動物であり霊長類の中でも特に性格が温厚とされるゴリラは猛烈に平和主義"者"です。
人類に歩み寄る温厚な性格の持ち主でもあり、
だから人類から渡されたどんな"測定器具"を渡しても正確な握力を測定をして貰えることはありません。

あくまで推論でしょうがゴリラの握力は"400から500kgw"と謂われています。

↑ゴリラの胸を叩く"ドラム"行為!実は仲間間の争いを鎮圧させるためのジェスチャー。
↑ "Drum" act of beating gorilla's breast.
Gesture to actually repress the fight between companions.

さらに握力ランキング第Ⅱ位はなんと!!

極めて温厚そうな"オランウータン"(推定推定200kgw以上・・つまり"ゴリラ"と同等)とされます。

熊に関しては思ったより低いのです!推定200kgw前後。
写真は熊がストレッチをしているのでしょうか?!w

日本ザルは概ね人間と変わらないとされています。

そして"コアラ"も!

チンパンジーは歴代第Ⅲ位と称されます。
推定握力は250から300kgw。

ちなみに人間の成人男性の握力は最大で
およそ50kgw前後が平均値とされていますが、
これはかなり高い数値だと個人的には思っていますがどうでしょうか?。

因みにこれは私の身体的な自慢なのですがw、
私の背筋力は"異常値"です。
中学生の頃にはすでに"No1"となった170kg前後、
20代では200kgを前後していました。一般的には85kgから最大でも95kg前後です。
非常に痩せた体型ですが、背筋力に関しては一般人の"倍のパワー"を保有しています。

現在は怠けているので、大分落ちているかと思われますが、私的には
最も重要視している人間の身体の筋肉(僧帽筋="trapezius muscle"

広背筋="latissimus dorsi muscle"

・脊柱起立筋=Erector spinae muscle")

を総称して"背筋"と呼ばれる人間の大事な"筋組織群"です。日本の身体測定の項目だった"背筋力"は
1999年で廃止されました。事故=リスクが生じ易いためです。尚、私が"背筋"に拘り続けた
理由は"歌手"であった(歌手を目指していた)からに他なりません。
"歌"は腹筋ではありません。スレンダーな黒人女性歌手で歌に凄みがあるのは
"背筋力"が他人より優れているからです。

余談がかなり長くなってしまいました・・。

さて"D.I.Y."の世界でも握力の必要な作業(馬力を要する作業)というのは生じます。
そのひとつに圧着工具を使用した端子とケーブル等との圧着があります。

"普通"の"電工ベンチ"だとすぐに限界が生じます。

そこで活躍する道具に"油圧式"がある訳ですが、
日本の"JIS"規格(Japanese Industrial Standards)
"日本産業規格"に準じたものだと高価なツールのひとつです。

今回は到底素手による"電工ペンチ"では
到底"カシメ"きれない例えば"ニチフ"社製
"裸圧着端子"群(R8-8、R14-6-05..群)を
いとも簡単にものの見事に
圧着出来た油圧式の圧着ペンチのご紹介です。

"油圧"式の道具は"ゴリラ"さえ圧倒する程の"馬力"です。
今回購入した"油圧"式の圧着工具の論理値での最大出力はなんと"8トン"!!

どんな武道の達人でも
・・この圧力は"生き物"の能力を遙かに超えています!

今回私が購入した製品は信じられない程に低価格です。
あくまで自己責任でDIYツールの一つとして
割り切って使用するだけの目的では
この商品は本当に"素晴らしい"ものでした。

"amazon"で購入しましたが
1件の評価レビューもなかった製品でした。

同社の類似品では
【Bonvoisin 油圧式圧着工具 圧着ペンチ ハイドロプライヤー
4-70mm2裸圧着銅/アルミ端子用 8種類ダイス 日本語説明書付き】
の商品(黄色いケースとボディ色が黄色と黒=品番"YQK-70"(4-70mm2)は
使用者のレビューも多く評価も高いものの、

私が購入した本商品である
【Bonvoisin 油圧圧着工具 油圧圧着ペンチ 9種類ダイス付き
4-70mm裸圧着 銅 アルミ端子 ハイドロプライヤー 日本語説明書付き】
の(黒いケースとボディがオレンジ色)は"AMAZON"ではたった
1件の評価もありませんでした。

但し同じメーカー製で人気のある同様の工具があれば同性能だろうと考えて
デザイン的に好みのオレンジ・ブラックの方を選択しました。

黄色バージョン製品とオレンジバージョン製品の決定的な違いは
金型(ダイス)が8→9種類(※後述※ダイスが1つ多い)だけのことです。

やはり大きな違いは道具の色(デザイン)でしょうw。

"amazon"での製品の日本語による商品紹介では・・

"オレンジは活力を象徴し、
黄色の代わりにオレンジをブランドのメインカラーとして使用することで、
より強い視覚効果を演出し、やる気に満ちた仕事の雰囲気も演出しています。"

・・・とのことでした!!w。

※本製品はダイスが1つ追加(8mm2)されています。
これはあくまで"オプション"=サプライズ品?の為か、
ケース本体に収納するスペース=箇所は存在しませんでした。

自動車などの電送ケーブルなどで"AWG8"="8sq"(ハチスケ)="8.368"断面積
(m㎡)など多用する方はこちらのオレンジ色の方が重宝するのではないでしょうか?

8種類のダイス(4、6、10、16、25、35、50、70mm2)に対して
本製品は(4、6、"8"、10、16、25、35、50、70mm2)のダイスがあります。

今回は8スケ(8sq)と愛称されるケーブルに
電線抱合範囲が割と大きめの端子で"かしめ"たので
とても不思議な6角形となりました。

耐久性は分かりません。
日本語のマニュアルは誤字・脱字のない
完璧なものでした。ケースの作りも決して悪くないです。

結構急いで素手で作業したために、
左の親指を上部のハンドルを上下している際に
思い切り挟み込んでしまいました!

凄く痛くて腫れてしまいました!

しかし・・とてもお勧めのツールだと判断します。

私のようなドジな方はいないと思われますが、
作業上で注意する点は手や指を挟み込まないように
することくらいでしょうか。

"馬力"に本当に困った時に頼りになるのが、
"油圧"式です。

これはどんなツール(道具)にも言えることです。

何かの折に"あなた"が本当に困った時、
"油圧式"とキーワードを踏んでから道具の検索をしてみて下さい!。

きっと"あなた"を強力にサポートする
ツールに初めて出会えるかもしれませんよ!!

それでは..
また!!

When "They" puts out seriousness,
the one "Grip" of wild "Gorilla" and "Power of the finger"
seems to include the terrific one though does to become a bytalk at first.

Gorilla's long title (biology name) is
"Gorilla gorilla gorilla"!!
It's true. This and the “LOL"....
It examines it when thinking that it is a lie. The “LOL"....

It's wild animals and the gorilla to which the character is especially said
to be gentle in primates is pacifism "Person. " in the severity
It is an owner of a gentle character to compromise to the human race, and, therefore,
the grip accurate even if what "Gage" passed by the human race is passed can never be measured, too.

Gorilla's grip is judged to be
"500kgw from 400" though
it's an inference to the end.
In addition, Ⅱ grip ranking title is assumed
to be how extremely gentle seem
"Orangutang" (Presumption presumption
200kgw or more ‥ ,in a word,
"Gorilla" and equivalent).
&..Having thought of the "bear" is a low.
Before and after presumption 200kgw.
Is the bear doing stretching to the photograph?!

A Japanese bamboo basket is roughly done just like man.


&.."Koala bear" also...

By the way, how though it personally thinks
this to be a considerably high value
though man's man man's grip is assumed that
it's a the greatest and the average before and behind about 50kgw?
By the way, and my back strength is
"Outlier" though this is my body boast“LOL"...

About 170kg that has already become
"No1" when it is junior high school student.
200kg was done back and forth in one's twenties.
The the greatest is from generally 85 to about 95kg.
It very has general person's
"Power twice" for the back strength though it is a lean figure.
It's important "Muscle tissue group" of man who is called
"Line of the backbone" privately calling the muscle
of the body of man who is attaching importance most
("Trapezius muscle", "Latissimus dorsi muscle latissimus dorsi muscle",
and "Erector spinae muscle length line of the backbone group")
generically though seems that it falls very much because it is lazy now
The back strength that was the item of the somatometry of Japan was abolished in 1999.
It's because accident = risk is caused easily.
Line of the backbone..related..reason..singer..singer..aim..become.
"Song" is not stomach muscles.

Terrible is a slender black female singer in the song because
"Back strength" is more excellent than others.
The bytalk has become considerably long ‥.
Well..drink..grip..necessary..work..horsepower..require..work..because..cause.
There is crimps such as terminals and cables using the crimp tool in the one.
When it is "Electrical engineering bench" of "Ordinary", the limitation is caused at once.
Then, when it is the one based on "JIS" standard (Japanese Industrial Standards)
"Japanese industrial standard" of Japan,
it's one of the expensive tools though it's a translation that there is
"Hydraulic system" in an active tool.
Tool of "Oil pressure" expression is "Horsepower"
as even "Gorilla" is overwhelmed
The maximum output in the logical value of the crimp tool of
"Oil pressure" type bought this time is very "Eight tons"
This pressure far exceeds the ability of
"Living thing" even as for the expert of what martial arts.

The more unbelievable the product that I bought is, the more low-priced this time.
It gave a clear-cut attitude by the self responsibility to the end as one of
the DIY tools and this commodity for the purpose only of use was
"It is ..the Moto dispelling.." really one.
It was a product without one evaluation review either though bought by "Amazon".

However, the orange Braque of the favor was selected by thinking that
it might be a homosexual ability if there was a tool that was popular made
of the manufacturer the same and similar designing.
In a definite difference of a popular yellow version product and the orange version product,
the metal mold (die) was only "8→9" modalities (There are a lot of one dies).
In the commodity introduction in Japanese of the product in "Amazon" ‥
The orange produces stronger visual effects by symbolizing energies,
and using the orange as the main color of the brand instead of yellow, and
.. produces the atmosphere of work that the motivation is filled.
・・・It's the “LOL"....

"Hachi Suke "(8sq) this time and
..love.. ranges of the electric wire combination
in the called cable are a comparatively large terminals and
.."Occupy it".. very mysterious six corner linguas of Rima type Tona.


Durability is not understood.
A Japanese manual was perfect without the erratum and the omission of a word.

Making the case is not bad at all either.
When an upper handle was moved up and down,
a left thumb had been sandwiched to one's heart's content because
it had worked considerably in a hurry by bare-handed.
It has swollen because it is terrible and painful.
Are the point noted on work to be sandwiched neither
the hand nor the finger though it seems that there are no blundering one like me?
Reliable is "Oil pressure" type in the embarrassment with "Horsepower" really.
This is to be able to say to any tool.
Please retrieve the tool after it steps on
"Hydraulic system" and the key word when
"You" is really embarrassed with the case of something.
It might be able to meet the tool that strongly surely supports
"You" for the first time.

Then..Moreover♡

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。