“1/4・3/8・1/2″とは!?”-初心者”こそ揃えて欲しい!!”-整備工具セット”-“デウォルト”-“Dewalt”社製- “Mechanics Tool Set 173pc”-“工具セット”-“ソケット・セット”のレビュー!!

自動車整備に関して私は
完全なアマチュア(日曜)メカニックです。
実は"ディープ・ソケット"だけの
ツール・セットを購入する予定でしたが、
"頑固親父"の私がついに?結局はソケット・レンチの
"フル・セット"を一式購入してしまったというお話です。
工具のメーカーは初めて購入するデウォルト(DeWALT)社製。

""アメリカン""・・です。
("メリケン"?って何?日本語の俗語_?メリケン=アメリカ流という意味らしい)

外国ではかなり有名なブランドみたいですね。
電動工具やハンドツールを製造する
アメリカの世界的トップブランドだとか・・。

https://jp.dewalt.global/

"見た目"だけで道具を買うのは今回
"生まれて初めて"です。

過去に私はハンドリングするツールは
少しずつ全てドライバー1本から始まり"個別"に購入してきました。
(例えばドライバーの殆どは日本のVESSEL社製です)

http://www.vessel.co.jp/

"工具セット"と名のつく商品を購入したのは
生まれて初めてかもしれません。
(いや"50cc"のバイクの免許を取った子供の頃に一度買った
ことがありました。とても小さいソケット・レンチの
セットで今は滅多に使うことはありませんが
破棄出来ずに今でも持っていますw)

工具セットといっても
今回私が購入したオートバイや自動車専用のボルトやナットに
使用する目的の六角のソケットレンチがたくさん入っているものから、
一般の家庭で日常で使えるようなドライバーやペンチが一式入ったものや、
D.I.Y.(日本で謂うところの日曜大工)にも使えるような割と本格的な
ノコギリや電動ドライバーが一式入ったもの等"多種多様"なものがあります。

本来ならばハンドリングする工具は実人生で
"一生つきあう"こともあるので、
全て一度は必ず手に取って使う"ご本人"が
納得してから購入するのが"ベター"というよりも
"ベスト"だと思います。

私の場合はだいたいの道具は揃っている筈ですが、
単品で購入してきたために、
アウトドアで使用するためにはかなりの工夫が
必要となります。

自動車関連の工具となれば整備ガレージが完備した場所での
キャスター工具入れに満載されたツールが凝縮されて整理整頓された
プロフェッショナルの修理場所や整備工場とは違い、アマチュアが
無造作に道具を入れた状態で野外で整備すると
"道具に振り回されて"思わぬ時間が掛かってしまうケースも屡々あります。

つまり好きなだけ整備や修理が行えないのが
"アマチュアの世界"="現実"です。
(夜の自動車整備も不可能ではありませんが、一般的には
"日没"と共にクルマの整備を終了するのではないでしょうか?)

この辺りはプロが
考えたこともない歴然とした作業現場の
"温度差"だと思います。

アマチュアにとって、
そうしたトラブルを回避する手っ取り早い"Tips"は可搬性の高い
ツールセットをまず一式揃えてしまうことだと思います。

さらに道具の視認性を大幅にアップしてくれる専用ケースなどあると
作業効率は大幅にアップするでしょう。
(作業中に何を"掴んでいるか?"という事がすぐに理解できるからです)
一つ一つのツールが簡単に探し易いということは
野外での修理と整備に最も欠かせない大事な要素です。

今回購入したデウォルト(DeWALT)社のケースは樹脂製ですが極めて屈強でした。

中身の道具は全く"暴れません"。

その代わりにしっかり内部で
"ジョイント"=固定されているために
道具を外すのに"コツ"は必要です。

道具を仕舞う="マウント"する際には
とても派手な"甲高い大きい音"がしますw。

私は何十年にも渡って使用し続けてきた"古ぼけた道具入れ"に
整備の予定に使う道具を予めしまって"前準備"をしてから
常にクルマの整備を行ってきました。

そうした"やり方"は
やはり無駄が多いんです。

"アマチュア"にとっては
時間との"闘い"となるからです。

今回のこのソケット・セットの場合は
余計なものを省いた主に六角ボルト専用の
ツール・セットです。

こうしたツール・セットに
数本のドライバーとペンチが加われば
"鬼に金棒"でしょう。
(少なくともバイクや"自転車"など各ボルトへの
アクセスが自動車と比較して容易で
"クリアランス"がしっかり取れるような場合は
"無敵"=無敗でしょう)

今回私が購入した商品は
"コストコ"で展示?されていたデウォルト(DeWALT)社製の
レンチセットで透明のシールドでシュリンク(包装)されて展示
されていました。

つまり実際に道具を
"手で持ったこと"は
全くありませんでした。
結局はそうした理由から商品を購入するのに時間が掛かったのです。
(プロの通う工具店では全て手で実際触れる環境下にありますし、
道具のある意味"衝動買い"は未体験だったからです)

私にとっては"黄色と黒"の派手な
企業イメージしかなかったプロダクト=製品。

正式製品名称は"Dewalt Mechanics Tool Set 173pc"。

専用ケースに収納されています。
173個のツールが入っているという品です。
非常に"低価格な商品"といえるでしょう。

中身の工具はミリ単位とインチ単位のどちらも同数の同類の
ツールが入っています。
ケースの内部は非常に分かりやすく配置されいます。
つまり外車のオートバイや自動車にも対応が可能です。

現在の私の場合は
日本車なので道具の半分(インチ)は関係ないツールも多いですが、
インチソケットもあっても不都合はないと思わせてくれます。
(将来"ハーレー・ダビットソン"を所有する可能性は低いと思っていますが、
外車や外国産のボルトやナットを多用した棚や家具を所有する可能性があります)
なかには"メルセデスのジープ"でも所有しない限り使うことはあり得ないのでは?!
と思うほどの大口径の六角ソケットも存在します。

重さは精査はしていませんが、体感では
ケース込みで重量10㎏はないと感じました。
非常に可搬性に富んでいます。

私は展示品で見かけた事はないのですが、
同じ仕様でツールが全て"ブラッククローム”色のものがあるそうです。

↑"ブラッククローム”タイプの製品。
"Dewalt Mechanics Tool Set 173pc"とはモデルタイプが違う製品

"ネット"では確かにあって見た目は精悍で
購買意欲は注がれるものの、
"実務"では黒色は"仇"となるケースもあります。

私の場合に限るかもしれませんが、
道具自体の光の反射率が少ないとライトを照らしても
"アウトドア"環境下では落とした道具がなかなか見つからないことがありますw。

"Dewalt Mechanics Tool Set 173pc"のケースを
部屋の室内でオープンすると本当に"デカイ"なぁと感じますが、
野外だと全然そんなことはありません。

購入し自宅に戻って初めて
道具を実際触ってチェックしてみたところ、
おぉ!!..低価格な割に
操作フィーリングが
いいんですよ!これが本当に!。

低価格な割に
品質が実に高くて良い。

しかし気がついてしまった事はこのデウォルト(DeWALT)の
"Dewalt Mechanics Tool Set 173pc"は極めてよい製品だけど
"自動車に特化したセットではない"ということ・・。

↑他社製のバー(棒)を装着

つまり、大型二輪(オートバイ)に最も適している!!

つまり、自転車の改造や整備、
自動二輪(バイク)のバッテリー交換などにおいて
"最適化"されているセットです。

製品の内容は軽く"オーバースペック"の仕様ではあります。

自動車(特に日本の小型車)においては、
"エクステンションバー"の追加は必須となるでしょう。

今回はこのセットに別メーカーの15㎝と25㎝の
"ウォブルエクステンションバー"を別途購入することにしました。
("ウォブル"とは角度を付けてアクセスできる仕様のことです)

これによってエンジンルーム内部やその他の場所において
ソケットが奥まで届かない場合は
ソケットを延長するツールを用いることで
目的の箇所に完全にアクセスすることが可能になります。

後日・・。

青空の下。

やはり屋外ではデウォルト(DeWALT)の
ケースを開けても"デカイ"とは感じません。

クルマの下に潜り"クリーパー"(車輪付き荷台)を使用せずに
素潜りして仰向けになってラチェットを使用して
"マフラー"周りのナットを"舐めて"(回して)みました。

・・・!!。

"悪くない"・・。

もの凄く良い感触です。

これは"使えます"!!

お薦めです!!

【"Dewalt Mechanics Tool Set 173pc"に関する備忘録】

以下・・
本製品全てのツールを
触りはしませんでしたが、
当初"実務"で使用する前に"雑感"ながら
感じたことや個人的に思ったことを
徒然に記して記事を〆させて頂きます。
道具の購入の一助になれば幸いです。

※本体は"ポールポイント形状"ではない
"トルクス形状"の小さい六角レンチが
ほぼフル装備で入っている。
(六角棒レンチのうち一般的に使用頻度が高いのは3mmと6mmの2種類で、
小さなサイズのものだと紛失しやすく"セット"になっているものが
ベターの私の経験則)
贅沢を言えばきりがないが、
"ポールポイント形状"のタイプとは先端が丸みを帯びており、
斜めからアクセスが可能なこと。
0-25度くらいの角度からレンチを挿入できるため、
値段=コストが上がる。本製品は"トルクス形状"の標準タイプであった。

※デウォルト(DeWALT)社のこの工具セットは
ラチェットハンドルが1/4、3/8、1/2。

3種類ありオートバイクから自動車まで
幅広く使えるのは前述した通り。

【1/4、3/8、1/2とは?】
車両整備等で古くから使う差し込み角は3つ。
つまり1/4 3/8 1/2。
これはいわゆる世界規格であり
"どの国"でも"どの地域"でも
"どの業界"でも世界統一の規格。

もともと”差し込み式のソケット"を作ったのがアメリカであった為に、
インチの規格がそのままラチェットの差し込み角の規格として今も採用されている。

ミリサイズに換算すると
---------------
1/4 = 6.35mm
3/8 = 9.5mm
1/2 = 12.7mm
--------------
となる。

※極めて使用する"片目片口"の"コンビ・スパナセット"が
無敵ともいえる程に数多くセットされている。
(片目が180度"フレックスヘッド採用のラチェット式"であったらベストであった。
けれどもこのセットを含むと大幅な価格アップになるから仕方がない・・)

※大事な要点として肝心のラチェットハンドルの
"駒"数だが(つまり道具の"送り角度"="揺れ幅")
"72"とハンドルの動く角度は現代の標準的な仕様で小さく
バイクや車のエンジンルーム内の作業が楽であるといわれている。

しかし個人的には"半端ない力"をかけれないという
デメリットとジレンマが生じるものの普通の?標準的な
使い勝手は一般的には抜群であるとおおむね評価できる。

機能的にも一般的な本締め(元締め)はおそらく十分可能な品質と判断できた。
("激安"と呼ばれる工具の大半はラチェットのガタが多く
力を入れて使用するとすぐに壊れてしまう)

以上、今後"実用"している作業中に
気になる事があったら追記します。

I am amateur(Do-it-yourself)complete mechanic for the car maintenance.

After all ..finally..,
I who is "Obstinate father" am a talk of having bought the complete set of
"Full set" of the twelve point socket wrench though the tool set only of
"Deep socket" was scheduled to be actually bought.
The manufacturer of the tool is made by "DeWALT" company bought for the first time.

It's "American. "
It's a considerably famous brand in the foreign country.
The power tool and the hand tool are manufactured.
It is a worldwide, top brand of the United States ‥.
It is "First time" to buy tool only by "Externals" this time
Tooling it in the past ..me.. of handling all ..start..
has been being bought from one driver for "Individual" little by little.
(For instance, most of the driver is made by the VESSEL company of Japan. )
After that, might the first time purchase of commodity that gives "Tool kit" and name
(It had bought it once in childhood when it got the license of the motorcycle of unpleasant "50cc".
It was a set of a very small twelve point socket wrench and that was not able
to annul and had it still now though never used. “LOL"... )
Tool kit..say..this time..buy..motorcycle..car..bolt..nut..use..purpose..hex-head..socket wrench..a lot..one..ordinary family..usually..use..driver..pincers..complete set..enter..one..Japan..Sunday carpentry..use..comparatively..real..saw..electric..driver..complete set..enter..one..various.

Co's the handled tool also is a real life and has
"Associate through life" if original,
I think, buying it after the person in question who takes everything without fail once
and uses it consents is "Best" rather than "Better".

To use it by outdoor because it had bought it with the single item,
a considerable device is needed for me though a rough tool is sure to become complete.
When maintaining it outdoors with the difference and the amateur casually put the tool,
"It is brandished by the tool" also often has the case where the time not trowed hangs with a professional repair ship place
and the maintenance shop where the tool fully loaded to the caster tool putting
in the place fully equipped with the maintenance garage is condensed
if becoming a tool related to the car and the arrangement order was done.

Being not able to do maintenance and repair by favor in a word is "Reality "Amateur's world"
(The maintenance of the car might be generally ended with "Sunset"
though the car maintenance at night is not impossible either. )
I think, "Temperature gradient" of the obvious shop floor that
the professional has not thought about around here.

As for quick "Tips" that evades such a trouble for the amateur,
I think that I first arrange the complete set of the tool set with a high portability.

In addition, labor effectiveness will improve greatly
if there are a special case etc. to improve the visibility of the tool greatly.
(The reason for is that the thing "Do you grip it?" can be understood at once while working what) It is easy to look for an individual tool easily is an important element to be the most indispensable for repair and maintenance in the outdoors.
It was extremely powerful though the case with "DeWALT" Co.
that bought it this time was made of the resin.
The tool of contents is complete "Do not rage"
Firmly..inside..joint..fix..tool..remove..knack..necessary.
“LOL"... that very gay "Shrill, large sound" does when "Mount" is done putting away tool.
After doing "Preparation" putting away the tool used for
"Toolbox gone out of date" that has continued to extend for tens of years
and to use it to schedule maintenance beforehand, I have always maintained the car.
The uselessness of such "Way" is still lustful.

It's because of becoming for "Amateur",
saying that "Fight" with time.

It's chiefly a tool set that omitted the extra one in case
of the socket set of this of this time only for the hexagon head bolt.
If pincers join such a tool set with a few drivers,
it might be "It is an iron rod in the demon. "
(At least "Invincibility" = motorcycle and "Bicycle", etc... ..
access to each bolt.. ..can firmly take "Clearance"
more easily than car.. ..no.. defeating..)
The commodity that I had bought was a shrink (wrapped)
in the shield of the transparency in the wrench set made by "DeWALT "company ..exhibition..
done by "Costco" and had been exhibited this time.
There was in a word actually no "Had it by the hand" ..the tool.. at all.
After all, time hung though the commodity was bought from such a reason.
(The meaning "Shopping binge" with the tool because it is a unexperience it is in the tool shop of which the professional commutes under the environment that touches actually by the hand all. )
Product = product with only gay corporate image of ..".. yellow ..black..".

The formal product name name is "Dewalt Mechanics Tool Set 173pc. "
It is stored in a special case.
It is goods with 173 tools.
It will be able to be said, "Low-priced commodity" very much.
The tool of contents both the unit of mm i and each inch includes the same kind of tool of the same number.
There is very plainly a disposition in the case.
In a word, it is possible to correspond also to the motorcycle and the car of the foreign-made car.
The half of the tool (inch) thinks inconvenient for present me even if there is inch socket, too because it is a Japanese car though there are a lot of unrelated tools.

(There is a possibility of owning various lingua shelf and furniture though it thinks the possibility of owning "Harley-Davidson" in the future to be a low ..the foreign-made car, the bolt of a foreign parts, and the nut... )
A hex-head socket of the large diameter of the desire whether "Jeep of Mercedes" won't be used for the inside as long as it doesn't own it exists, too.

It was felt 10㎏ in weight in the experience including
in the case of though weight was not examined closely.
The portability is very abundant.
The tool seem to be in the same specification and there be all
"Braque chrome" color things though have not seen with the exhibit by me.

The black also has the case that becomes "Enmity" in "Business" though it is certainly in "Net",
externals are dauntless, and the buying intention is poured.
For the dropped tool might not found under "Outdoor" environment easily even if
the light is shone on when the reflectivity of the light of the tool is a little though it's likely to limit for me“LOL"...

There is no such a thing at all though it is really felt,
"huge" when the case with "Dewalt Mechanics Tool Set 173pc" is opened indoors
of the room when it is the outdoors.

Buy..home..return..for the first time..tool..actually..
touch..check..low-priced..comparatively..operation..good.

This really!!

It's low-priced and the quality may be indeed high comparatively.

However, "Dewalt Mechanics Tool Set 173pc" of this "DeWALT" is the GOOD product "
It's not a set that specializes in the car" in the thing that has been noticed extremely ‥.
In a word, it is the most suitable for large-scale two wheel (motorcycle).
In a word, it is a set that "Optimization" is done in the battery exchange etc.
of bicycles of remodeling, maintenance, and the automatic operation two wheels (motorcycle).

The content of the product is light and is a specification of "Over speck".
The addition of "Extension bar" will become indispensable in the car (especially, compact car of Japan).

"Wobble extension bar" of another manufacturer
of 15㎝ and 25㎝ decided to be bought for this set separately this time.
("Wobble" is a specification that can be accessed by putting the angle. )
As a result, when the socket doesn't reach the interior in the inside of the engine room and other places, it becomes possible to access a target part completely with a tool that extends the socket.

It becomes possible to access a target part completely.

Later ‥.
The blue sky under...
Even if the case with "DeWALT" is still opened in outdoor, it's not felt, "huge"!!
It became Moto diver Shite supine without using "Creeper" (wheeled carrier)
and "Lick" (time Shite) saw the nut around "Muffler" with ratchet ..under the car.. ..diving...

.....

"It's not bad"..

It's extremely a feeling of the hot hand.
This is "It's possible to use it. "
It recommends it...

Around here today though it thinks the more awareness to be to be want a record..

【 Memo concerning "Dewalt Mechanics Tool Set 173pc" 】

The following content.
It is recorded to have trowed feeling before it uses it by practical use and the article is 〆 though all tools of this product are not examined closely.
It would be greatly appreciated if becoming a help of the purchase of the tool.
※The main body is most full-featured and has Allen wrench that no "Pole point shape" it and "TORX" shape" are small.
(It is easy to lose when it is two modalities (3mm and 6mm) that the operation frequency is generally of hexagonal wrenches high, and is the small size one and the one that is "Set" is a rule of thumb of me better. )
The point must wear roundness, and the access must be possible from the diagonal though it is limitless if it wishes for more than one's due with the type of "Pole point shape".
Because the wrench can be inserted according to the angle of about 0-25 degrees
Price = cost goes up.
This product was a standard type of "“TORX" shape".
※In this tool kit of "DeWALT" Co., the ratchet handle is 1/4, 3/8, and 1/2.
There are three modalities and being possible to use it from the motorbike to the car widely : as mentioned above.
【1/4, 3/8, and 1/2...】
The insertion corner used by the car care etc. from of old is three.
1/4 in a word 3/8 1/2.
This is a so-called international standard and "Which country", "Which region", and "Which industry" are standards of the world union.
The standard of the inch is adopted as it is as a standard of the insertion corner of ratchet now because it was the United States to have made "Socket of the insertion type" originally.
When converting it into the Miri size
1/4 = 6.35、mm1/2 = 12.7mm mm3/8 = 9.5
It becomes it...
※It is set a lot by can say that "Combination spanner set" of "Single eye lipped bowl" extremely used is invincibility.
(When it was "Ratchet type of the Flex head adoption", it was best. The single eye cannot be 180 degree help of it however because it became a great price improvement including this set. )
※The angle where "72" and the handle move though it is "Horse" number of essential ratchet handles (in a word "Width of shake "Sending angle" =" of tool) as important point is said that it is small and engine room internal work of motorcycle and car is easy in standard modern specification
However, it is ordinary though the disadvantage and the dilemma that "Power not odd" cannot be personally put are caused.
When it is generally preeminent, standard convenience is roughly appreciable.
Perhaps, a general this tightening (manager) was able to be judged to be a very possible quality functionally.
(Most of the tool that is called "Super-discount" break at once when the gutter of ratchet makes efforts a lot and it uses it. )
A postscript is added when there is a thing about which it is anxious while working being do "Practical use" in the future above.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。