“ビートルズ”-“BEATLES”-“The long and winding road”の和訳-そして”アルバム表紙-ジャケット”-“アビイ・ロード”と”レット・イット・ビー”の考察!!

この記事は
This article ..


と連動しています。
It synchronizes.

40年前,正確には1981年12月1日
にリリースされた日本の※"オフコース"の"over"の
ナンバーである"心はなれて"を聞く度,
なぜかBeatlesの"The long and winding road"
を当時少年であった私は連想するようになっていった。

Whenever the Japanese-title="心はなれて"= "Grow Apart" that was the number
of "Over" of ※"Off course" of Japan released on December 1,
1981 accurately 40 years ago was heard,
I who was the boy at that time came to associate "The long and winding road" of Beatles why..

※オフコース (英語: OFF COURSE)とは
1967年から1989年まで活動した日本人に依る日本国内で活動したバンドである。
1970年にデビューし"Yes-No"などの大ヒットで知られる事になり、
1979年"さよなら"の大ブレイクから一躍スターダムに駆け上がり,
小田和正、鈴木康博、松尾一彦、清水仁、大間ジローの5人が作り出す繊細で透明感のある曲は、
日本の音楽史においてどのジャンルにも属さない独自のサウンドと称さた。若者達の
とくに10代の女性の心を掴んだ。1982年、絶頂期を迎えたオフコースは
過去に類例のない10日間連続の日本武道館公演に挑んだ。

※About Saying that ""OFF COURSE""

It's a band that acted in depending on the Japanese who acts from 1967 to 1989 Japan.
It debuts in 1970 and it will be known by the smash hit such as "Yes-No",
and five tunes that produce it are delicate and with a transparent feeling are an original sounds suddenly
and the name news in stardom from the smash hit of"SAYONARA" ="Goodbye" in 1979 that doesn't belong
to any genre in the history of music of Japan running.
The mind of young people's woman especially in her teens was gripped.
An off course where golden days had been faced challenged a continuous
Nippon Budoukan performance for ten days without the example in the past in 1982.

以下↓ここに2枚のアルバムがある。
Hereafter, two albums are ↓ here.

世界(人類)の誰もが知る,
名盤中の名盤である。
It is a great board in a great board that everyone
in the world (human race) knows.

左側が"アビイ・ロード"(英語: Abbey Road)。
イギリスにおき1969年9月26日に発売されたビートルズ
12作目のオリジナル・アルバム。

The left side..is "Abbey Road"
Original albums of Beatles 12 work eyes put
on the market to Britain on put September 26, 1969.

"人類の誰も"がこの表紙を知っていることでしょう。
プロデューサーはジョージ・マーティン(Sir George Henry Martin)。

ビートルズのほぼ全作品のプロデューサーを務め
マネージャーである※ブライアン・サミュエル・エプスタイン(Brian Samuel Epstein)と同様
"5人目のビートルズ"と称される人物によって制作されたアルバムである。

"Everyone of the human race" knows this cover.
The producer is Sir George Henry Martin.

It is an album produced by the person called
"Beatles of the fifth person" that
Beatles almost served as the producer of all works as well as
※Brian Samuel Epstein who is the manager.

そして"レット・イット・ビー"(英語: Let It Be)は
イギリスにおいて1970年5月8日に発売されたビートルズの13作目アルバムである。
プロデューサーはハーヴェイ・フィリップ・スペクター(Harvey Phillip Spector)。

このアルバムが世界に出る頃には既に
ビートルズが事実上解散してしまい,
約1か月後にリリースされた作品である。

"Let It Be" is the 13th work album of Beatles put on the market in Britain on May 8, 1970
The producer is a Harvey Philip specter.
It is a work that Beatles had dissolved in fact when this album came out in the world,
and was released about one month later.

このビートルズ最後の2作品は,
世界の多くのファンやビートルズ研究家に
とって最も困難で魅力的な
ある意味相反を越えた複雑な背景があり,
どちらが真のラストアルバムか?という"問い"でさえ
明白な回答なきまま21世紀の未だも
取り沙汰されている重要作品である。

Even "Question" which whether there is a complex background
that exceeds most difficult and attractive a certain meaning reciprocity for
a lot of fans and those who research Beatles in the world, and a true last album in two works
of this Beatles end is important works talked about still of the 21st century though it is not answered that it is clear.

焦点は"Let It Be"の10曲目となる。
13歳の頃,当時1983年の冬,オフコースの"over"の
ナンバーである"心はなれて"を聞く度,
なぜかBeatlesの
"The long and winding road"
を連想するようになっていった。

The focus becomes the tenth "Let It Be".
Whenever the “Grow Apart" that was the number of "Over"
of an off course in the winter on 1983 at that time was heard at the age of 13,
it came to associate "The long and winding road" of Beatles why.

オフコースという日本のバンドの"over"というアルバムの
ラストを締めくくる"心はなれて"と
ビートルズの"The long and winding road"は
少年であった私の心の中で何処か"密"に通じ合っていた。
しかしその事を少年は"自分自身のことば"では上手く表現出来ずにいた。

"The long and winding road" of the “Grow Apart" and Beatles that finished off the last of the album "Over" of the band in Japan named an off course ran to somewhere "Close" in the mind of me who was the boy each other.
However, the boy ..the thing.. had being not able the expression well in "Own word".

40年近くなった今,
蘇ったその記憶(連想)もようやく自分なりに納得が出来る。

It is possible to consent to my own way of the anther that is supposed
to be the memory of reviving now since it became it in the vicinity for 40 years (association) it.

曲調はどこも似ていない"心はなれて"と
"The long and winding road"であったが,
小田和正とPaul McCartney(ポール)の歌は
表面的には"男が愛している(もしくは愛していた)女性へ向けた”バラードではあるものの,
ダブルミーン(二重意味)が深層で存在し,
それはメンバーやバンドという集合体の
崩壊と解散をまえにして謳われていたものであったという"事実"である。

"Double meaning"is depths, exists,
and "Fact" that it was the one that makes the collapse and the dissolution
of the set such as members and bands can a dance and was expressed though the song
of the Kazumasa Oda and Paul McCartney (Paul) is "Turned it to the woman whom a man loved (Or, loved)" superficially ballade was“Grow Apart" that it did not look like where either and "The long and winding road".

ビートルズに関して言えば,
ジャケット写真からもその状態が伺い知れる。まずは
1969年9月26日に発売されたビートルズ
12作目のオリジナル・アルバム。

仲良く4人のメンバーで
横断歩道を歩んでいる。
世界的な観光地としても有名な"アビイ・ロード"
の横断歩道であるが,
↓所有する蔵書に依れば当時ポールがスケッチデザインし
カメラマンであるイアン・マクミランが具現化した。
その数日後の8月8日にほぼ正確に撮影が実行されたという。

If Beatles is said, the state can visit from the jacket photograph and it know.
Original albums of Beatles 12 work eyes put on the market on September 26, 1969 first of all.
It walks happily in the pedestrian crossing by four members.

↑Paul designed the“sketch" at that time and Ian McMillan who was
the cameraman made it to the embodiment if depending on the owned collection
of books though it was a pedestrian crossing of famous "Abbey Road" as a worldwide sightseeing spot.
It's said that taking a picture was executed almost accurately on August 8 after the several days.

↑撮影に使われた現在の道路↓
↑ Road now at the time of be used to take a picture

リリース後まもなく,"Paul McCartneyの死亡説"が噂されたのも有名な話である。
一番先頭で白いスーツで長髪にひげを蓄えているジョン・レノンは"牧師"、
黒いスーツを着ているリンゴ・スターが"葬儀屋"、
そしてスーツ姿で目をつぶって裸足のマッカートニーは"死者"、
デニムシャツにジーンズ姿のジョージ・ハリスンは"墓堀人"と解釈された。
この噂話は話題性はあったものの,当然史実とは異なる。

It is a famous story that "Death theory of Paul McCartney" was rumored soon after it releases it.
"Ringo" who wore "Priest" and a black suit connived at John Lennon who wore
its moustache in long hair with a white suit at the head most with "Undertaker" and the wearing a suit
and McCartney with the bare foot was interpreted by "Dead" and the denim shirts, George Harrison of wearing jeans was "Gravedigger".
Naturally, it is different from the historical fact though this ear duster had the topicality.

しかしその後のビートルズはどうなっていったであろうか。
苦楽をともに生き,酸いも甘いも超越出来たメンバーであった4人。
しかしポールが"死者"であるという
噂話は近い将来の"ビートルズそのもの"を暗喩していたのである!!
ここでも深いリスペクトと真摯ある熱狂的なファン達は,
近い将来に起こり得る,
この世界的な音楽グループの危機的状態を潜在的に示唆していたのだった。

However, how did subsequent Beatles become it?
Four people who are members who were able to live in joys and sorrows both,
and to transcend a lot of hardships and adversities.
However, the ear duster "Death" Paul became metaphor reality .."Beatles" in the near future...
A deep respect and enthusiastic fans who had sincerity were to have suggested
the crisis of this worldwide music group that had been able to happen in the near future in potential here.

"アビイ・ロード"から僅か1年も経たぬ1970年5月8日に発売されたビートルズの
13作目のラストアルバムである"Let It Be"のジャケットはどうであろうか?

"アビイ・ロード"の仲睦まじく?
4人が横断歩道を渡っている写真と比べてどうであろう?
このジャケットは"集合写真"ではない。

各メンバーが単独となりばらばらに納められた。

How will be about the jacket of "Let It Be" that is the last album
of the 13th work of Beatles put on the market on May 8, 1970 when only as much as one year doesn't pass from "Abbey Road"?
How or more about relations of "Abbey Road" ..turning over
.. compared with the photograph where 4 people cross at the crosswalk?
This jacket is not "Set photograph. "
Each member became single and it was paid in splinters.


この写真こそ"グループの死の葬儀写真"以外のなにものでもないではないか?
Does only this photograph exist completely other than "Funeral photograph of the death of the group"?

倦怠と口論,そして緊迫と悪感情がビートルズという集合体を支配し,蝕み,挙げ句には
Paul McCartneyというメンバーのひとりを"仲間はずれ"にして"除外"した。

Boredom, the quarrel, the tension, and the grudge ruled the set named Beatles,
it gnawed, and it enumerated it, and one of the members named Paul McCartney was made "The companion shifted"
and ..."Exclusion" was done to the phrase.

史実では1970年4月10日にマッカートニーがビートルズ脱退を表明しビートルズは事実上の解散となった。
McCartney declared the Beatles secession
in the historical fact on April 10, 1970 and Beatles became virtual dissolution.

しかしそれまでに至る課程は"記事を書く側"も
"襟を正し"て別記事で編集するにふさわしい程の
法廷での争いやメンバー間での誤解と軋轢が生じた。

However, the fight in court like suitability for the edit
of "Side where the article was written" by a thing mentioned elsewhere,
the misunderstanding among members, and the friction were caused at the course till then.

その厳しい状況下におき"聴くに堪えられるものにした"
と評価されるフィリップ・スペクターというプロデュースの手腕は21世紀現在もっと
評価されても良いと個人的には思う次第である。

I ..putting.. personally think the ability of production of Philip specter evaluated,
"I want to make it to the one that it is borne to listen" for present provinces leakage
may evaluated in the 21st century under the severe situation.

40年前の少年であった私にとってビートルズの事はまるでよく分からなかったが,
"Let It Be"に収められた"The long and winding road"(日米最後のシングル)
はオフコースの"心はなれて"と完璧にリンクされ同期=シンクロされた。

"The long and winding road" (Last single at the Japan-U.S.A)
that had been put in "Let It Be" was perfectly linked with the
“Grow Apart" of an off course and synchronization = synchronized was done though the thing
of Beatles was not understood well for me who was the boy 40 years ago.

少年の頃の私が影響を受けた曲のテイクはオーケストラの入った通常のバージョンの
"The long and winding road"であった。(オーケストラアンサンブルはポールが知らぬ
うちにレコーディングされ曲に挿入され作品となり後に裁判にもなった)
↓以下は過剰なストリングスのアンサンブル(フィリップ・スペクターの過度なオーバープロデュースの無いバージョンである)

Take of the tune that I when it was a boy had been influenced was "The long and winding road. "
of a usual version that the orchestra had entered.
(The orchestra ensemble was recorded before Paul knew, inserted in the tune, became a work, and was tried. )↓ It 's an ensemble of excessive strings as follows (It is a version without excessive over production of the Philip specter).

ここに私なりの"邪推"をまとめたい。
I want to bring "Suspicion" of my own way together here.

ポールにとってJohn Lennon(ジョン)という存在はどんなものだったであろう。
シャウト(叫べ)すれば歪んだ歌を謳うことも出来た。
ソングライターとしても一流でアマチュア時代からずっとそばにいた。

What will one have been existence named John Lennon (John) for Paul?
The song distorted ..the shout (Shout).. was able to be expressed.
It was a first class and it existed to nearby for a long time as a songwriter since the amateur age.

ポールにとってはいつも粗野で乱暴者で,いや
だからこそグループの誰よりも"カリスマ性"のある"平和主義者"であったJohn Lennon(ジョン)という存在は
ビートルズという世界的ビジネスとしてのスタッフの一員やメンバーであるという認識より,
常に実直な心のより所,支えであったのだ。

Existence named John Lennon (John) that was "Pacifist" that includes "Charisma" is staff's member as a worldwide business named Beatles and is from recognition that it is a member It is always rude for Paul and it is a hellion, and to the place or more always, and support of an honest mind because of the unpleasantness from whom of the group.

少年であった頃の私は小田和正(Paul McCartney)=鈴木康博(John Lennon)とイメージし重ね合わせた。

I when it was a boy imaged as
Kazumasa Oda (Paul McCartney) = Yasuhiro Suzuki (John Lennon) and overlapped it.

つまりfrom:小田和正(Paul McCartney)からTo:
鈴木康博(John Lennon)へ向けられた歌として受容したのである。

In a word From: Kazumasa Oda (Paul McCartney)To:Yasuhiro Suzuki (John Lennon). ..
I received it as the "same song".

小田和正は"心はなれて"を,
Paul McCartneyは"The long and winding road"を歌った。

The Kazumasa Oda sang the“Grow Apart" and Paul McCartney sang "".

その歌は時代背景も曲調も異なっていたが,
どちらも深い"二重の意味"を持つ歌であった。

The song was a song with "Double meaning" that both are deep though
the historical background and song's style ere different it.

鈴木康博氏が"粗野で乱暴"な人物では決してないが,
オフコースという集合体の中で小田和正と同様にソングライティングが出来,
小田氏と比較すればどちらかというと"男らしい"歌詞を歌っていた。
事実,翌年の1982年武道館10日間コンサートをもって,鈴木康博は
"オフコース"からひとり脱退した。

Either sang "It seemed to be a man" lyrics if the song writing was able
to be done in the set of off course as well as the Kazumasa Oda,
and it compared it with Mr. Oda though it was .."It was rude and it was violent".. person of Yasuhiro Suzuki.
The concert lasted for ten days in Nippon Budoukan in 1982(the fact and next year),
and one secession of the Yasuhiro Suzuki because of "Off course".

この二つの曲は
私の少年時代から
現在の私の心の奥で
深く"結実"している。

These two tunes have deeply done "Bring forth"
of I in the interior of my present mind since the boyhood.

最後に"The long and winding road"をこの記事の書くために
改めて自分なりに和訳してみたい。

I want to translate "The long and winding road"
of this article into Japanese renewing to write in my own way at the end.s

ビートルズの日本人のコアファンの方々は
既に独自で日本語訳している。

そのいくつかを拝見したものの
いささかあまりにも飛躍しすぎた解釈の翻訳も多いのではと
いう印象があった。

私の場合も誤訳もあるかと恐縮していますが,
出来る限り"自己解釈"をせず忠実に翻訳する努力をしたつもりである。

何か不備などありましたら是非コメントして頂けるとありがたい。

そんななか改めて驚いたのは
"The long and winding road"が
Written By John Lennon & Paul McCartney・・つまり
"ジョンとポールの共作"であったという事実だった。
※Paul McCartneyがスコットランドの農場でひとり作詞作曲をしたのは事実であると思える。

それでは!

The people of a Japanese core fan of Beatles are translating Japanese already originally.
The..some..see..a little..too..
leap..interpretation..translation..a lot of..impression..provide.
I will have done the effort not to do "Self-interpretation" as much as possible
and to translate faithfully though it was grateful when there was a mistranslation for me, too.
When it is possible to comment by all means, it is welcome when there are something incompleteness etc.
In the particular surprise to renew,
"The long and winding road" is Written By John Lennon & Paul McCartney
It was a fact ,in a word, ""John and Paul's"" ...
※It seems to be true that Paul McCartney did the composition one writing songs in the farm in Scotland.
Then,again!!

++++++++++++++++++++++++++
"The long and winding road"
Written By John Lennon & Paul McCartney
Japanese translation:eichanx
++++++++++++++++++++++++

The long and winding road
長くて曲がりくねった道

That leads to your door
それはあなたのもとに向かう道

Will never disappear
決して消えることがない

I've seen that road before
かつてわたしが歩いた道

It always leads me here
何時だってわたしをここに導いた 

Lead me to your door
あなたの心の扉に辿り着けず

The wild and windy night
不穏な風が吹き荒れる夜がある

That the rain washed away
それは雨が全てを洗い流した

Has left a pool of tears
流した涙は水たまりとなり

Crying for the day
あの日々を思い出すと涙が溢れる

Why leave me standing here?
何故僕は一人でこの道に立っている?

Let me know the way
どうか教えて欲しい 

Many times I've been alone
多くの孤独を感じる時間が多くなった

And many times I've cried
そしてなんども涙を流した

Anyway you've never know
あなたは決して知ることがなかった

The many ways I've tried
私がなんども色々やってみたってことを

And still they lead me back
それらは振り出しにもどって

To the long winding road
長く曲がりくねったこの道に来てしまう

You left me standing here
あなたは私ををここに立たせている

A long long time ago
ずっとずっと前から

Don't leave me waiting here
ここで私を待たせないでほしい

Lead me to your door
あなたの心の扉に私導いて欲しい

But still they lead me back
まだ戻れるのなら戻りたい

To the long winding road
この曲がりくねった道に

You left me standing here
あなたは私をここに立たせたまま

A long long time ago
ずっとずっと前から

Don't keep me (Don't keep me wait),waiting here
私をここに置きざりにしない(待たせない)で

Lead me to your door
あなたの心の扉に僕を迎え入れて欲しい

Yeah, yeah, yeah, yeah

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。