このサイトの閉鎖!?-サイト存続の危機を乗り越えて!!-“iPhone”ユーザーである”あなた”からのアクセス障害を修復しました!!-“WordPress”とは?-“WordPress”とはいったい何?!-現代のウェブサイト運営とそのサイト作成をイメージ化する!!

本記事は日本人読者の方
(日本語のみ)に記させてください。

2021年6月中旬。

正直に告白すると
今の私はかなり
"くたびれて"=消耗してしまっています。

今回の"問題"に関しての"励ましのお便り"は、
日本人(ネイティブな日本語)の方々でした。

いま"あなた"は
いかがお過ごしでしょうか?
日々楽しく過ごしておられますか?

"あなた"にとって最近、不満や不安
そして"悩み"や"嫌なこと"はありますか?

もしもあったとしたら
一日も早く、一刻も速い解決が望ましいですが、
ある程度の時間=期間が必要なケースもきっとあることでしょう。

そうした"契機"を私たち日本人は時に
"試練"と呼ぶことがあって、
英語では"Test"もしくは"Ordeal"や"Trial"など、
と呼ぶことがあります。

日本語では"忍耐"や"我慢"という言葉は日本人であれば
大概は通用するものですが、
英語だとそれに付随した単語があっても、
いろいろと"心境の説明"となればきっと難しいです。

たとえば"DMM英会話"では
・Perseveranceは困難なことを根強く続ける「忍耐」
・Patienceは失敗や辛いこともぐっとこらえて受け入れる「忍耐」
・Persistanceは目標に向かって頑固に取り組み続ける「忍耐」
と述べています。
しかし、その差異の微妙なニュアンスはネイティブでもかなり
表現が難しいと思えます。
つまり日本人にとってはどれもが同じ"忍耐"だからです。

英語のボキャブラリー不足の私にとって私にとっての"試練"は
"総てを受容する"="Accept everything"
に近いニュアンスではと思います。
そして"Self acceptance"、
すなわち、自己欠点を含めたありのままの
現在の自分を受け入れる、しかない、という
他ならない状況と事実がまた暫くの間、継続しました。

↑ WordPressの非常に有名なイメージ画像

私にとっては大きな課題であり
それなりに葛藤が生じて、それなりに悩みました。

悩みや嫌いなこと、そして
問題の多くには、私自身の
浅い経験=それはキャリア値を示し、
そして私自身のナレッジ=知識不足
に関連された、
つまりは厳しく内省するならば
自分の"未熟さ"から生じてきます。

たとえばそれは"好きな食べ物"と相反した
"嫌いな食べ物"に似ています。

嫌いな食べ物(食物アレルギーとは違う)は、
新鮮な食材と素晴らしい調理の調和から生まれた
ほんとうに"おいしい食事"の経験をしたことが"ない"からです。

本当に素晴らしい料理を食べたらほとんどのひとの場合、
嫌いという概念は一瞬のうちにふき飛んでしまうでしょう。

つまり"食わず嫌い"からくる”苦手"な意識です。

一方、ひとは誰でも好きなこと、
得意なことは課題があってもおおむね難なくこなすことができてしまう。
他人がびっくりする程の難題でも、です!
そして他人に"好きなこと"についてはひとは皆、かなり
"饒舌"="お喋り"です。

お時間の許せる方がもしおられたら、
この一ヶ月間の私の苦手なことについて、
その"奮闘記"に少しつきあってくれませんか?!

2021年5月初旬・・。

今日までの一ヶ月間、またひとつ、
私にとってひとつの大きな課題が
生じました。

近年、息をするごとに、
"課題が増える"のでは
ないかと思うほどです。

何かを始めようとすると、
"ブレーキ"=ストップがかかってしまい、
ほんとうにしたいことや肝心のことができなくなる。
まずはその"ブレーキ"を解除しなくては
前には進めません。
いつも何故だかわかりませんが、息苦しくて
"過呼吸"気味です。

たとえばですが、
好きな女性とドライブに行く
予定があって、朝早く起きて車に向かったら、
タイア全部がパンクしていた・・なんていう!?
・・そんな訳のわかぬ?状態ですw。

あなたがドライバーの方でしたら
"あなた"だったらどうしますか?

4本のタイア全部が同時にパンクするなどという極めて異例な
課題?はよほどの悪路を猛烈な速度でドライビングでも
しない限り、まず現実としてはあり得ません。あったとしたら、
第三者による相当悪質な"嫌がらせ"くらいのものです。

なにはともあれ、"たとえばの私"は
その"大事"な予定=デートを先延ばしする訳にはなりませんw。

たとえば相手=彼女は心変わりが激しいひとなので?w、
約束の時間までにはタイアを全交換するか、
なんとかして走れるように修復しなくてはなりません。

その私は、レンタルカーを借りて"デート"を済まそうとは思ってはいません。

結局、誰の手も借りずに自力で4本すべてのタイア交換をし、
なんとかした!ものの、実のところ
もう"くたくた"になってしまいましたw。

幸いタイアそのものは純正スペアが4本あったため、
油圧ジャッキを使い、4本全部
自分で交換しました。

↑実際所有している車の純正のスペアタイア(既に処分済)

これじゃ運転、大丈夫だろうか・・。
折角、彼女に喜んで貰いたくて
"飯"の予約まで済んでいるというのに?疲れ切っていて、
果たして、飯さえ自分は喉を通るのだろうか?・・。

そもそもこんなに疲れてしまっていたら、"彼女"と
気の利いた会話なんかできるんだろうか?

体中汗と油まみれになって
シャワーすら浴びる
時間もなくなってしまった。
これじゃ彼女に失礼だし、
デートそのものが
台無しじゃないか!?

↑湘南、江ノ島近郊の夕暮れ時

私の比喩はかなり
"変"でしょうが、
実は、課題を解決している最中にも、
さらに、別の課題が生じ、
私を二重で
苦しめることとなりました!

↑インテル社CPUプロセッサーの裏面

この記事を書いているメインPCの
"熱暴走"が生じ出したのです。

↑マザーボード(M/B)に装着されたCPU

つまり所謂、PCの"熱中症"です。
水冷システムのファンスピードが速くなり、
CPU温度は100度を常時超える危険な状態となりました。

PCにおいてはハイリスクな状況です。
ファンが汚れているか、または、ヒートシンクと
コアCPUの狭間を塞いでいる"熱伝導グリス"の"硬化"現象が経験上、想定できました。

ほぼ1時間おきに※ブルースクリーンが生じるようになり、
本題の作業はほんの短時間しか行えなくなりました。

↑この画像は私の撮影したものではありません。有志の方からの引用画像です

※普段からPCのヘビー‐デューティー(heavy-duty)使用の方ながらよくご存じの
ブルースクリーン=「青い死の画面」とは様々なトラブル要因で突如として生じます。
パソコン利用中にその画面になると大概は強制的に再起動されます。
今回の私の場合は毎回PCが停止する状態。
いずれにしても保存せずに長い時間をかけた未保存の作業はすべてが"ゼロ"化します。
もしもwebサイトの更新中にその状態が生じた場合、相当に厄介なことになる可能性があります。
☆通常"青い死の画面"で表示される英語の3行目の「DRIVER_IRQL_NOT_LESS_EQUAL」や
下段の「STOP:以下のメッセージに」だけが注目に値します。
それ以外の文章は定型文ですので何の意味もありません。"エラーコード"で原因を探る画面ですが、
私はその回答=ブルースクリーン画面には昔からたいした期待をしませんし、経験上、信用していません。

↑この画像もまた、有志の方の引用画像。

サイトの新投稿記事や更新は暫くの期間
出来ない状況であることを理解しました。
(他のサブマシンでサイト作成や運営における最適化を行ってはいなかった
→現在ではその事例も教訓として、大変勉強になりました)

メインPCより遙かに低スペックなサブ・マシンに切り替え、
本題である課題解決に向けて試行し続けました。
(熱暴走による熱伝導グリスの再"塗付"(ぬりつ)の記事は別記事でアップする予定です)

"もう勘弁してくれ"!・・
と本気でイヤになりました。良くも悪くも
何事も最後まで諦めない(あきらめきれない?)性格です。
そんな私ですが、突然、何もかもがほんとうに!厭になってしまったのです。

私が真剣に
何かをしようとすると、
そんな状況がいつも生じるのです。

"被害妄想"?・・いやいや、
そんな筈はない"はず"です。

この数年いつも、
"そんな感じ"です。
何かを達成しようとすると、
いつもほかの大きなトラブルや課題が邪魔をする。

それは個人的なささやかな、ヒューマンスキルに対する、
ITやテクノロジーからの挑戦とでも謂うのか。

今回の課題の
結果=結論は、実は
未だ"未解決のまま"です。

決定的な解決策が
掴み切れてはいません。

未解決なままの状態の"因果関係"は、
トラブルを再び必ずや引き起こし、
私を必ず苦しめることが想定できます。

いや、解決できない問題には
立ち向かわずに総てを"放棄"すれば
再び悩まされることはなくなります。

何事も諦めが肝心→そしてそれら要因をすべて放棄せずとも、
他人の力を借りればあっという間に解決できる場合があります。

それは"金で買える課題"に限ります。

たとえば、先ほどの"たとえばの話"になりますが、
すべてを"お金"で解決するという方法があります。

何も自力でタイア交換をする必要はないのです。情報さえ掴めれば
電話一本で"ロードサービス"や"タイア屋"に任せて貰うのは簡単です。

そして限りある人生の中で、
"逃げる"こともまた重要です。

"逃げる"という日本語は時に、
"よくないこと"とその昔は悪いイメージで植え付けられてきましたが、
"そんなことはありません"。

"逃げるが勝ち"という諺通り、
"奮闘"する必要性のないものは、
"やめてしまう"こともきわめて肝心な人生の選択肢のひとつだと思います。

それはひとが生きてゆくための"処世術"のひとつ、です。

しかし、どうしても
逃げることができない課題が生じた場合、
確固たる原因究明の答えが掴めない場合、
対処療法的に、そして取り急いででも、
なんとかして究明し解決しなくてはならぬこともあるのです。

しかしながらその問題は、
一過性のトラブルでは決して
終わらぬことも告げています。

解決の"決め手"を欠いた場合です。

そうした課題は私にとっても
忌避し逃げてしまいたいととっさに思う
分野であり苦手意識が強く嫌いになり、
そしてそれが強烈な"試練"となるのです。

今回においての要因は、
課題克服がもしできないならば、
このサイトを"閉鎖する"しかない状況となりました。

その問題を"なんでもよいから"克服出来なければ、
そもそもこのサイトを運営する存在意味=意義が全く存在しない、
そう、私には感じたし、思えました。

5月初旬・・・。

このサイトのサーバーのシステム障害が生じました。
(民間のサーバではよくシステム障害が起きます)

レンタルサーバーからの障害原因=
詳細は明らかにされませんでした。
しかしすぐに復旧されたとの報告がありました。

それから数日後・・。

ヤフー検索エンジンで当サイトを
表示すると妙な画像や頁が"露出"するようになりました。

それは既に自分でも忘れかけていたほどに古い、
既に削除済であった筈の内容=画像が
"露わ"になっているのです!!

それは現在(2021年6月中旬)も生じています。

・・・・。

このサイトの
データベースのどこかが壊れているのか?・・

まだまだ経験も知識も足りない私にとって
この現象にも少し焦りました。

・・それから数日後。

何通もの(複数の相手から日本語で)
妙なメールがありました。

""サイトを閉鎖するんですか?""

というそんな内容の一行だけのメールです。

実は私は一行メールの内容に対して
具体性のないコメントに関しては
基本的にはいっさい連絡=返信しません。

(生活時間も限られており、国内外企業からの質問を含め、
日々のメール返信には多くの時間を割いているためです)

多くのメールの中にはスパムメールもかなりあるので、
自己防衛手段として相手の意図が不明と感じた場合、
返信しません。自分のキャリアから感じるただの感覚に頼ったやり方で、
申し訳ないと思っています。

↑スパムにおける"なりすまし"=spoofingの簡単な図です

そんなメールの質問にたいしては、
そもそも私はこのサイトを閉鎖するつもりは"全く"
ありませんでしたし、妙なメールだと思いましたが、
そのうちいつしか、そのこと自体も忘れました。

しかし後日になると、違う
多くの読者の方から
"苦言のメール"を頂きました。

その時になってようやく
""サイトを閉鎖するんですか?""という
内容のメールを思いだし、
送信して下さった方の"本意"が初めて
はっきりと!理解できたのです。

(メールを送信して下さった
読者の方にこの場にてお礼を申し上げます。
ほんとうに深く感謝しています)

私へのコンタクト方法はモバイルアクセスですと、
右上の"ハンバーガーメニュー"と世界中で言われている、
三本の横線のアイコンに触れると
激しく回転する仕組みにしておりますが・・

そのなかの
A Reference【問い合わせ】内の

info@eichanx.com

へメール送信して頂ければ
全世界の何処からでもダイレクト
に"あなた"のプライバシーを完全に保護した状態で
ストレートに私へ送信できる、筈です。

"苦言のメール"のその内容とは、

"以前は読めていた記事が真っ白になってしまって突然読めなくなった!!"

というものでした。

さらには、

"これはRSSのリンクです。RSS配信の表示できる
APPをAPP Storeで探しますか?"と表示され記事が読めません”

という主旨内容を丁寧に説明して下さる読者の方が何人かおられました。

"APP"を"APP Storeで探す!?"・・なんだ?それ?!!・・

・・・果たして一体何のことか??。
・・・全然・・・にわからん!!

正直、モバイル端末に滅法無知な私にとって
何のことだかさっぱり分かりません。

(しかしながら2021年6月現在、このサイトのRSS配信はストップしている筈です)

私に助言してくださったの殆どの方々は
"iPhone"ユーザーの方でモバイル接続でこのサイトに
アクセスして下さっている方たちばかりでした。

私は普段から一切モバイル端末でWEBクラウドに
繋がっていない人間です。

それを言い換えれば、
モバイル端末をまったく所有していない
21世紀現代では謂わば"アンモナイト"="化石"のような存在です。

携帯は"ガラケー"しか所有していない、
その理由は私の目の角膜や水晶体を含む、
目の健康を維持する為、というのが
個人的には大義名分=大前提としてあります。

既に目の角膜手術を経て、
私の目は完全に別人のものとなりました。
自分の望んでいた"目"に変貌しました。

しかし手術以前と同じように日々自動車運転での目の酷使、
仕事柄、業務上ではPCを使用することが常に多く、そして
WEBマスターとして多くの記事もこなしてゆかねばなりません。

さらにたくさんの書類と書籍を読みます。
D.I.Y.(工作)では細かい作業を長時間続けることも屡々です。

ひとは常に何を優先し順位づけるかは
限られた人生において極めて大事です。

この歳になって、
スマホの見過ぎで
"可愛娘"ちゃん"らまだしも?、
私自身においては"寄り目”症候群にはなりたくはありません。

モバイル端末で目を酷使するということは
あくまで私にとっては
"これ以上は絶対に無理"=ギブアップ"という判断からでした。

このサイトの作成や記事の執筆は
常にデスクトップPCにて作業が行われます。

しかしそんな風にサイトを運営してきたので、
今回のように重大な過失の発見が遅れました。

さすがにガラケーに拘って、
意地を張ってる>>??場合じゃないな、
とも感じました。

↑後生大事に未だに利用している通称、"ガラ携"。

多くの期間、多くの読者の方々にほんとうに
多大な迷惑をかけてしまったと思うからです。

"あなた"にとっての
貴重な時間を何度もなんども、
何十回も私は無駄にしたのです。

この場を借りて"心底"
心より深くお詫び申し上げます。

しかしGoogleの推奨する
"モバイルフレンドリーテスト"という
サイトがありますが、
私の"eichanx.com"はすこぶる結果状態が良いのです。

この点は後述する
"WordPress"のプラグインである"やーまん"さんという
日本人男性の作成なさっている
"YAHMAN Add-ons"がもの"猛烈に優秀"だからです。

しかしGoogleの示すテスト値は
今回の課題を考慮すると、
明らかにいい加減で、
間違っています。

肝心な中身=内容が真っ白で何一つ表示されなければ
まったく意味がありません。
そのサイト評価はゼロです。

私のサイトは
80%の方がモバイル端末で
アクセスして下さっている方々です。

ノートPCやデスクトップPC、
他には日本国外の外国からで
60インチから時には100インチ以上の
あまりにも巨大な液晶ディスプレイでの
アクセスもありますが、総計値は僅か20%を切っています。

そして圧倒的に私のサイトの読者は
モバイル端末の"iPhone"OSです※。

※私が現在知ることができる
"あなた"の個人情報はおおまかな"位置"
と固有ではない端末機器の種類くらいです。

↑非常に静かなアクセス数であったので記念撮影。
アクセス数が増大すると何がなんだか分らなくなってしまう。

つまり"あなた"のプライバシーは完璧に保護されています。
私においては"逆引き"によって"あなた"を特定するような暇と"悪趣味"は
ありませんし、それに関する高度なネットワーク・セキュリティーに
関する高いスキルを保有している訳ではありません。

さらに海外の極めて高いスキルのある
俗にいうところの"知人のハッカー"に高額な"ギブ・アンド・テイク"で
"あなた"自身の個人的調査依頼をすることは絶対にあり得ません。

↑優秀なハッキングを行える者にとってはWi-Fiスポット偽装での他人の情報閲覧や
いち個人のパスワード突破はきわめて低レベルなデマンドであってほとんど瞬殺行為に近い。

そもそも
私の運営するサイトに"遊びに"きて下さる"あなた"は私にとってとても大事な"友人"です。
私は記事を読んで頂ければご理解して貰えると思いますが、
そんな"友人を逆引き"するような人間ではありません。

どうかご安心の程を。

余談になりますが、実は日本国内では唯一、
キャリア会社やプロバイダに情報開示できるのは日本の司法と
警察や公安くらいのものなのでしょう。

今回のトラブルは
サイトにとって最も憂慮すべき課題と判断し
私はひとから前バージョンの
iPhoneの筐体を貸与して貰い、
自分のサイトを徹底的に検索し反映してみました。

ある意味"圧倒"されました!

""これは・・あまりに酷過ぎる!!""

↑問題のある記事を手書きでノートに書いていたが、あまりにもの被害に途中で書くのをやめた

そのほとんどの私のサイトの記事内容が
全文"真っ白"なのです!!

さらに記事のタイトルが文字化けしている!!
"""""などという意味の通じない文字の羅列の表示・・。

実はWordPressは日本語に対応していますが、
私の記す記事のタイトルは複雑です。

私の記事のタイトルは禁じ手?の!や?や、などの"嵐"!!
実はこの表記=表現はよくないのです。

全角と半角の区別も重要かもしれません。
雑感ながら全角と半角が複雑に混ざる記事タイトルだと文字化けしやすい。

文字化け対処のプラグインである優秀な
"WP Multibyte Patch"は導入済みでありながら、
どうも"翻訳"=変換しきれていないタイトルがかなり
ありました。

知らない方は知らずに使用したり利用できますが、
日本語の文字コードというのは実は猛烈に
ややこしい!のです。

以下、やや専門的になりますが、
"php.ini"の"mbstring.encoding_translation"などの変更以前に、
文字コードというものは本当に厄介で、日本語だけでも、

SJIS
EUC
JIS
UTF-8 BOM有り
UTF-8 BOM無し
UTF-16
UTF-16 BE(ビッグエンディアン)
UTF-16 LE(リトルエンディアン)
UTF-32
Unicode
etc・・・というコード種類の異常さである。

じゃぁ私はWordPressでサイト運営するにあたって
一体全体どんな文字コードを使えばよいのか??

答えは"UTF-8"です。

さらに厄介なのは"投稿の自動変換で文字化け"る場合も生じます。

↑修復しても繰り替えす”表示不能"・・決定的な原因というよりも、複数の要因が起因していると考えた

大概はワードプレスの標準文字コードUTF8である、
それに適切な文であれ!
という結論に達します。(幸いにもこのサイトのサーバーは
UTF8に準じている。→他人のウェブマスターの方で"CPI"レンタルサーバーの
KDDIウェブコミュニケーションズが提供するビジネス・ホスティングサービスでは要注意です)

そもそもWordPressの投稿は
超強力な"サニタイズ機能"(データベースの書き込みの際に
意味のあるコードを実行されないように様々な文字を変換する)
やテキストの自動整形機能まで搭載しています。
こうした多機能ぶりは、
かえって日本語文字化けの文字出力を発生させる事が有り得ます。

いろいろとタイトルを変えて更新すると、
瞬時に中身が表示される記事も中にはありました。

しかし今度は
中身の画像のサムネイルが全部真っ白!!

何かが、良くなったと思いきや、次は別の症状が勃発し、変則的な不具合で
いっとき自分はノイローゼ?気味になっていた・・?w

更新ボタンを何百回と繰り返したことか・・。

これは、サイト自体が"破壊されている"
といっても過言ではないような状態。

まさに"閉鎖寸前"のサイト・・・・。

しかし、自分の目の前のPC環境では、
全く問題のないサイトなのです!

悩んでいても始まらないので、
即、問題解決のために必死になりました。

この一ヶ月間、寝食を忘れ、平日仕事が終わると
夜分遅くまで、サイトの復旧に尽力を注ぎました。

日中は10時間以上は仕事や通勤で外出しており、
自由と呼べる時間は一日僅か数時間・・。
課題を解決するためにはそれなりの時間が必要でした。
休日も外出が多いのです。

そのためにはまず睡眠時間を短縮しました。
次第に心身の体調が悪くなってしまう感じでした。

しかし結果として、
今現在は99%の記事内容は
一応は読める状態にはなっている筈です。

しかし個々の内容記事までは精査できておりません。

さらに他のAndroid osを含め
ほかのOSに関してはタブレットのみの
検証に留まるだけで、実際の詳細なトラブルの精査は行いきれてはいません。

今の私にとっては、
このサイトのデザインや
テキストの体裁にまでこだわっている余裕はありません。

しかし現在最大の問題である私にとっての
"頭痛の種"は先にも述べたように
"因果関係"が実ははっきりとは掴めていないことです。

WEBサイトを運営する方でなければ意味のない話になりますが、
お時間のある方は是非とも
今回生じた私の悩みについて暫しの時間
おつきあいして頂けると嬉しい限りです。

このサイトである
"eichanx.com"は
"WordPress"(ワードプレス)と呼ばれる
サイトの作成やブログの作成などができる
CMS(コンテンツ管理システム)のひとつで作成されています。

WordPressはオープンソースのブログソフトウェアです。
簡単に説明すれば、誰でも無料で使用できます。

実は私はこのサイトを運営する迄、
"WordPress"とは"どこかのSNS"?とさえ思っていたほどに
ウェブサイト作成においては全くの無知=初心者だったのです!!

なんと!!全世界のWebの
37%がWordPressで構築されています。

WEBとはなにか?サイトとは何か?
そしてネットワークとはどんなことを指すのか?
・・そうした素朴な問いにたいして簡単にお伝えするならば、
もはや言うまでもなく、
21世紀の現代のウェブとは既にバーチャル世界ではなく、
リアルな第Ⅱの"実生活"そのものです。

ウェブとは"全世界"であり"人類"であり、
我々の頭脳をコミュニケートする
巨大な"神経ネットワーク"であり、
この地球全体のヒト科の"息吹"=呼吸であり、
サーバーとは広大な建物を建築できる
土地であり、それはさらにイメージすれば
建物を構築する"敷地"に喩えることができます。

私のようなWEBマスターと呼ばれるサイト運営者はサーバー会社
から有限の場所である自分の敷地=土地を少しだけ提供してもらいます。

ウェブ・サイトとは私たちが住んでいる
家やマンションのような集合住宅のようなものです。

大なり小なりに土地を借り入れて(自社もしくは個人サーバーの場合もある)
そこに理想の家を建てようといろいろ計画し奮闘してゆきます。

それは木造の二階建てかもしれないし、鉄筋かも
しれないし、瓦屋根のお侍(おさむらい)の住んでいそうな?w
長者の平屋敷に見えるかもしれない。
それは主人である家主、個人でも企業でも、
つまりウェブ・マスターの描いた理想の?イメージの構築です。

WordPressはこの私のように、
プログラミングの知識がなくても
そんな理想的な?建物を自力ですなわち、
D.I.Y(日曜大工)的にそれなりに!構築できるのです。

(私のようになかなか理想的な家を構築できない"輩"も存在します)
そしてそんな私のような者も家主となって本人が記事をいつでも公開することができます。

しかしWordPress云々を考える前に
まずはWebサイトを公開するためには、
すべてを任せられる代行業者に依頼できるような
商業的に大きな成功をしている(見込まれる)企業ではなく
個人サイトにおいては、
サーバーやドメイン自前で探して用意する必要性があります。

これに関しても費用が当然掛かりますし
サイトのセキュリティー向上の為には別の知識と契約も必要です。

これもまた住み心地のよい賃貸物件を調べたり、
あらかじめどこのサーバー(土地)が
自分に合っているか、現実に人間が棲む住居の選択にとても似ています。

WordPressのようなCMSが登場する以前(おそらく2003年より前)は
サイト管理に関わる作業を全て自力でまっとうする必要がありました。

記事を投稿する際は1記事ずつ"HTML言語"で構築し、
完成したらサーバーにアップロードして公開するというかなりの
工数がかかる作業が必要だったのです。

つまり理数系?がまったく得意ではない、
かなり詩的?で猛烈な文系人間である私にとって
"webサイト運営"というのは敷居が高く、
無力=無理な時代が続いていたのです。

ベンダー主催の"ブログ"をやっていた時期は大昔はありましたが、
縛り=制約が多すぎて嫌気がさしていつしか途中でやめてしまいました。

ブログも個人が運営するウェブサイトに似ていますが、
ブログは賃貸マンションで集合住宅でいろいろ
管理ルールがあるようなイメージで、
一方このサイトのように個人が運営するウェブサイトとは
どんなに小さい規模でも一戸建ちの自宅=持ち家、
みたいなイメージの感じでしょうか。

このあたりの選択は
運営者=管理人の好みの差で分かれるところです。

私はご周知の通り、
YouTubeのアップローダーでもありますが、
表現の自由度はそれなりに、
かなり限定されてきます。

全世界的に有名どころのSNSもまた私にとっては、
ですが、不自由です。
制約面は他方において色々あり多すぎます。

商品レビューなどにおいては、
各ショッピングモールや販売店ともども、
きわめて強いレビュー制限(例えば文字数制限や
文章内を含む)が生じます。

私は自由な表現を常に最優先して考え
動画、記事、あらゆる商品のアフェリエイトを踏まえ、
総合的で統括的なwebサイトの運営を望み選択しました。

広告代理店との契約に関しても
信用と信頼性の面においてはやはり
サイト運営が圧倒的に有利でずば抜けています。
まず、広告代理店の信頼が違います。

そうしたサイト構築の土台とも呼べる
WordPressには様々な機能拡張とも呼べる、
プラグイン機能と呼べるアイテムがいくらでも追加できます。

機能拡張のイメージを実際の家にたとえるならば、
たとえば、家にたいそう便利な?エレベーターを設置するとか、
ごく些細で小さくても暖炉や出窓を作ってみるとか、
業務用の冷蔵庫やクーラーを設置してみるとか、
派手なイルミネーションや外灯をつけてみるとか、
防犯カメラを設置して"セコム"や"ALSOK"と提携して防犯対策をバッチリにするとか、
または外装を地味なものから派手にしてみるとか、
サイトを構築する上でそいういった色々な機能を増やす(追加)する=
できるのがWordPressの
プラグインと呼べる便利な機能です。

しかし便利さとは、
不便さと紙一重です。

ここで初学者(建物のオーナー)にとっては"落とし穴"があって、
たとえば既に暖炉があって灯油のファンヒーターを同時に導入したって、
所詮使う頻度も限られてくるし、
同時に使用していたら部屋が暑すぎて
仕方がありません!w。
ところが、"暖炉と床暖房"との相性は抜群によい、という場合も生じます。
その辺が機能拡張(プラグイン)の難しさ、となります。

しかし咄嗟の思いつきで
ちょっと良さそうなものをどんどん
と導入したって結局宝の持ち腐れになりますし、
そうした"機能"を有効活用できるとは言いが難くなってゆきます。

WordPressの場合の機能の"多機能化"はやがて
強い不具合(コンフリクト=衝突)を起こしてしまい、
サイトそのものが非常に不安定になります!

(これはWordPressに限ったことではなくあらゆるOSを含め、
アプリケーションの使用上での宿命ともいえる課題ですね)

たとえばPCにおいてアンチウィルスソフトを
2つ導入することはよくないことは誰でも理解できることです。
それはiPhoneやスマホでも同様です。

"ノートン"と"ウィルスバスター"を2つ同時に導入しても
結果は悪化してある意味"共食い"となりリソースを食い合い
PCは極めて不安定な動作を引き起こすでしょう。

しかしながら、
私のサイトも多くのプラグインが導入されています。

その中でも記事投稿する上で絶対に必須
と呼べるプラグインも数多くあります。

しかしどれも大事だからといって、
プラグインの過剰増加はよくないことであり、
不具合が生じたサイトは無視できません。

今回のモバイル接続に関するトラブル要因は、
総てのプラグイン=機能拡張をひとつずづ一旦、無効=零化し、
問題の"真っ白"や記事が読めない課題を検証してゆきました!

しかし結果として・・私は
"四面楚歌"の状態に陥ったのです。

2021年6月中旬現在、
主原因は掌握しきれていません。

多少は、プラグインのバッティング=衝突はあったのかな?といった程度です。

しかし決定的な結論=決定的な不良箇所がない、のです。

ただ、なんとなく
検証中に実感したのは、
モバイル対応版ページの記事が開かない場合は
"表示速度高速化系"プラグインを疑ってみるべし、
ということは強く感じました。

そんな訳でより詳しいプラグインとの"絡み"の話題は控えますが、
"WP-Optimize"(キャッシュ)機能のプラグインを停止した他、
かなりの機能拡張を完全に停止しました。
モバイル端末のユーザーの方にとっては、
読み込み速度が以前より大分低下
してしまっているかもしれません。

↑実際のこのサイトのWordPressの内部。
2つのキャッシュ系プラグインを無効化し削除する予定。

読み込み速度は
各記事にも依りますが、
現在の私のサイトは2秒から2.5秒を彷徨っている
状態が結構あるかも知れません。

リード=読み込み速度においても
貴重な"あなた"のお時間を割いてしまっていること、
それもどうか、お許しください。

ウェブにとっては
"待ち時間"の遅延は
"死"に等しいことを私は知っています。

アクションが生じるまでの2秒は、
モバイルの方々にとって、かなり
遅いレベルと感じています。

私の苦手な科目は、
すでにお察しの通り、
つまり"プログラミング言語"
これに尽きます。

そんな、不器用な私ですが、
どうぞ、これからもよろしくお願い申し上げます、ネ!?w

私は"あなた"なしでは
"存続"はあり得ません。

今回は"文武両道"という言葉の難しさと
その重さを痛烈に感じる機会となりました。

私にとってその言葉は、
"文"に集中すれば"武"がおそろかになる、という意味です。
即ち、人生の未熟者である私にとって、文武を両立するのは
機会によってはとても不可能であるという痛烈で辛辣な自らを誤魔化すことの
できない"答え"となりました。

今回の課題は勿論、
終了した訳ではありません。

↑私が撮影している満月。自分にとって、
こうした"行い"が本来の文武両道の"文"のあり方です。

しかし、
私と"あなた"をつなぐ、
"ボトルネック"はある程度解消できた筈。

私は常日頃から
用心深くしなくてはならないという
大事なことを再び学ぶきっかけとなりました。

最後まで読んでくださった"あなた"へ。

そして、メールを下さった読者の方々へ。

このサイトは閉鎖しません。

まだまだ、力尽きることはありません。

"人生とは失意=失敗と再生の繰り返し"です。

それによって、ひとは
遅かれ早かれ、強く、そして美しくなってゆく。

まだまだ未熟な人間のまま、ですが、
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。