SONY製-“ヘッドホン”-“MDR-CD900ST″のイヤーパッド(Ear pads)交換のレビュー

好きなアーティストのレコーディング風景のPVや
音楽制作をする方であれば一度は目にしたり
使用するものがSONY製の"MDR-CD900ST"といモニター・
ヘッドホンです。

https://www.sony.jp/headphone/products/MDR-CD900ST/
海外製品はMDR-7506
やMDR-V6と称されるものです。

 MDR-CD900ST

今回は他社製のイヤーパッド部の交換を行いました。

"MDR-CD900ST"は確か大昔のCBS信濃町(しなのちょう)
スタジオ(現在はソニー・ミュージック・スタジオ)で
利用するために開発され、'89年頃に業務用として発売
されたのが始まりだったと記憶しています。
2台所有しているもののうちの1台は多分その頃に購入した
相当古いものです。

↑30年経過したヘッドカバー。ウレタンレザーの経年劣化は避けられないため、
↓近日中に以下のパーツを注文する予定

それはアナログレコードからCDが一般化されていった
時代とリンクしていました。初めて"MDR-CD900ST"を
使用した時、衝撃的なサウンドで非常に驚かされたのを
記憶しています。

1995年に一般コンシューマー向けにリリースされ、
2021年現在でも非常に多くの音楽ファンや制作現場で
使用され続けています。

それは野外のコンサートでも
室内のレコーディングスタジオも
同様です。

これは私の個人的な意見なので客観性が乏しいものですが、
ミュージシャンのレコーディングの際の出音の即応性は
ずば抜けていると思います。つまり音が近いので奏者に
とっての評価は30年以上不動のものです。

例えばボーカリストにとっても地声を判断する上でも
リファレンスとなっており、よい意味でも悪い意味でも
厳しく自己判断をするのに最良のアイテムといえます。

各パートやサウンドのバランスも容易に捉えやすいこと
からエンジニアにもチェックする上でも好都合のツール
といえそうです。しかしながら、音楽をほんとうの意味
で楽しむという点においてはいささか疑問を感じることがあります。

しかしながらトータルでの"MDR-CD900ST"の評価は
極めて高いといえるでしょう。

なぜならばドライバの破損やその他の部品の破損においても、
手作業によって個人で部品交換による修理が可能だからです。

これは個人だけでなく、
スタジオ運営(経営)する上でコストと
性能のバランスが極めて優れているといえそうです。

一部が壊れてすぐに新品を買い換えるというのではなくて、
部分的にパーツを交換出来るのは高く評価できますし、その供給路も日本国内で
あれば安定しているといえるでしょう。

(例えば"CANARE"のケーブルがなぜ日本の
音楽業界のスタンダードであるかという面と同様です=もっと高価で
高級ケーブルは世界にたくさんあります)

もしも、既に故障していたり、リペアしたい"MDR-CD900ST"が
あったら、千葉県の成田市にある"サウンドハウス"で購入すると
早く部品が調達できるでしょう。今回紹介するイヤーパットではなく、
他社メーカーの"MDR-CD900ST"用の"イヤーパット"もいろいろと販売しています。
是非ご覧になってください。

純正部品

サウンドハウス

 Dekoni Audio ( デコニ・オーディオ ) / EARPADZ STANDARD 7506

 YAXI ( ヤクシー ) / Studio Headphone DX ブルー&レッド stpad-DX-LR

私の場合は、
近年は減りましたが"MDR-CD900ST"を8時間位したまま、
音楽ソースや音そのものをチェックしていると猛烈に疲れを感じます。

8時間も集中していればどんな優秀な外国製のヘッドホンでも疲れる
とは思いますが、自分の耳の形状のせいなのが、純正の"Ear pad"
=イヤーパッドだと耳そのものが痛くなってくる。

純正のものはあくまで個人的な好みですが、至って"柔らかい"
素材なので、それがかえって自分には合わずヘッドホンをしている事自体が
気になりだしてしまう。

ではどういうものが自分の好みなのかと考えると、
できる限り"堅い"素材を好んでいます。

今回はAMAZONでのチョイスでした。

結果としてはおおむね相性が良さそうです。
耳との当たった感じは、
純正パットよりは明らかに"堅く"なったと
感じられ良好です。
音の変化は感じられません。
広域の曇りや、
低域の音が漏れている感じはありませんでした。

装着に関しては古いものを外して、あとは
溝に沿って填め込むだけの軽作業です。
装着には、多少の馴れは必要でした。

↑上のLRという文字は私が書いたものではありません

最初の片側は5分程度かかりました。
両手を使って填めた箇所をしっかりと
片手で押さえながら全ての溝にパットの生地をはめ込み、あとはパットを馴染ませます。

片方のパット交換が終わると
次からはもっと作業は容易でした。

耐久性は不明です。
それから個々のパーツは完全なクローンではありません。
つまり形状に多少の個体差があります。
これが純正品と異なります。

装着した感想は、
純正品のものは長時間作業をしていて
汗ばんだりすると"うっとしい"素材でしたが、
今回選択したものはヘッドホンを装着すると爽やかな?印象を受けます。

↑左側が今回交換した"Ear pad"装着の"MDR-CD900ST"。右側が純正品の"Ear pad"の"MDR-CD900ST"。

今回のパットの内側をよく見と空気孔が開いてあることに
気がつきました。

不良品ではなく、通気性を良くするために
あえて開けているものと考えられます。

価格も安く、
試してみる価値があります。
従って、高い評価をします。

If music is produced the process variable of the recording scenery of a favorite artist,
it sees and the one used is "MDR-CD900ST" gutter monitor headphone made in SONY once.
An overseas product is the one called MDR-7506 and MDR-V6.

MDR-7506


I exchanged the ear pads made of the other companies this time.
Sure..great antiquity..CBS..Shinanomachi..Shinano..)
..studio..now..Sony..music..studio..use..develop..yr..business use..put on the market..start..memorize.
I have two kitchens. Our one is corresponding an old of bought perhaps in those days potato.
I had linked it with the age when the cash dispenser had been generalized from an analog record.
I memorize the very surprise because of a shock sound when "MDR-CD900ST" is used for the first time.
It is released for a general user in 1995, and it keeps being used on the music fan still an awful lot and the production site in 2021.
The indoor recording studio of it is similar also in the concert in the outdoors.
Because this is my personal opinion, objectivity is scarce. I think that the readiness of the rising sound when the musician records is superb.
In a word, the sound is near. The assessment for the player is immovable for 30 years or more.

↑30 Lapse lingua cylinder-head cover of year.
Because the aging of the urethane leather is not avoided, I schedule the following parts . a few days to be ord
ered.

For instance, I am a reference also the natural voice is judged for the vocalist, and can say a item the best though I self-judge in a bad sense severely even in the good meaning.
It seems to be able to be called tool about convenience also in checking it from catching Valence of each part and the sound easily also to the engineer.
However, I might feel the doubt in the point of enjoying music in a true meaning a little.

However, I will be able to say that the assessment of "MDR-CD900ST" in total is extremely high.
Because I can repair by the part replacement in manual operation in driver's breakage and the breakage of other parts.


It is not only individual but also as for this, seems to extremely excellent to manage the studio (management) Valence of the cost and the performance.
I high am appreciable, and will be able to say part breaks, the new article
is not bought newly at once, and parts can be exchanged partially that I am stable also of the supply route in case of Japan-domestic.

(For instance, = has a high-level cable ..world.. a lot expensively
..more.. as the cable of "CANARE" is similar to respect why the music business in Japan is standard. )
If, I will be already able to have broken down, and ..repair..
to procure parts early if it buys it by "Sound house" in Naritashi in Chiba Prefecture if there is "MDR-CD900ST".
I variously sell "Ear putt" for "MDR-CD900ST" of not the ear putt introduces this time but the other companies manufacturer.
Please see by all means.
I feel tiredness severe for me when the Music source and the sound are checked
with "MDR-CD900ST" done by about eight hours in recent years ..the decrease...

 Dekoni Audio ( デコニ・オーディオ ) / EARPADZ STANDARD 7506

サウンドハウス

 CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / 900EP ブルー MDR-CD900ST・MDR7506用イヤーパッド

 YAXI ( ヤクシー ) / Studio Headphone DX ブルー&レッド stpad-DX-LR

I have concentrated for as many as eight hours and think the headphone made of the foreign country excellent of what to be tired. When it is a ear pad of purity, probably
because of the shape of my "auris"=ear, the auris becomes painful.

The one of purity is a personal to the end favor. It begins to be anxious for it not to suit me rather because
it's "It is ..softness.." material fairly and to do the headphone.


Then, I like "It is firm" material as much as possible when thinking what one is favor of me.
It was choice in AMAZON this time.

It seems to hit it off well roughly as a consequence.
As for the hit feeling as the auris, it is obviously felt that it became it
and "It is firm" is more benign than a pure putt.

The sound change is not felt by me.
There was no feeling to which the cloudy surface of the large area and the sound of the low leaked.

The putt to suffer is removed, and the light.. work of useless along the flute ..new parts
... the method of installing the putt
A few experiences were necessary for the installation.


The first one side was work of five minutes. In all flutes, the mating of the cloth of the putt rotated
and makes them become familiar by using both hands while suppressing it by one hand
.. ..passing.. ..place.. firmly the putt.
When one of putt exchanges ended, work was easier from the following.

Durability is uncertain.

After that, individual parts are not complete clones.
In a word, there are a few individual differences in shape.
This is different from pure goods.
The attached impression did the prolonged work by the one of pure goods and sweated and was "Annoying" material.
When the headphone was attached, what had been selected this time receives a fresh ? impression.This time..putt..inside..often..see..air vent..open..notice.

↑ "MDR-CD900ST" of "Ear pad" installation that the left side exchanged this time
The right side is "MDR-CD900ST. " of "Ear pad" of pure goods

It is thought that it opens it to dare to improve not the non-conforming article but porousness.
The price is also low, and it is worth trying.

Therefore, I do the high appraisal.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。