“MIDDLE ATLANTIC” “(ミドルアトランティック)社-汎用可能!!世界1頑丈な”MDKB-キーボードトレイ “をD.I.Yで木製テーブルに装着する!!

私はミドル・アトランティック社を愛しています。
https://www.middleatlantic.com/
racks enclosures
今回はパソコン用のキーボードトレイのレビューです。
MDV-DSKのデスク↓の専用とありますが
Middle Atlantic MDV-DSK 48" Wide Straight Desk with Overbridge, Graphite
自分の場合は自家製の木製のテーブルに装着しました。
設置してもう何年も経過しますが大変満足しています。
まずトレイ自体の重さは計りにはかけていませんが、
想像していた以上に非常に重量感があるという事です。
個人的にはMIDDLE ATLANTIC社に関しては43Uのラック他小物類を
多々所持しておりとても信頼しているメーカーですが、
思っていた通り”鬼の如し!”頑強に出来ており日本製ではここまで作りがタフでマウスボードを含め実用に耐えられるトレイは同じ価格帯で探すとなるとなかなかなかろうかと思います。

頑丈さにおいては企業サーバーなどに設置されている他のメーカー(例えば富士通社製等)のトレイと比較しても頑強さにおいては優れていると感じています。

注意点ですが取り付けネジが4本高さおよそ1.5㎝、太さ最大4.47mm、ネジ頭直径9.26㎝しかなく自前の机に取り付けるには重量的にも不安があった点。
本体ネジを埋める穴というか取り付けレール穴は幅5.00mmが左右で8列もありますので
お好みで次第で好きなだけ好きな箇所にネジを購入して”ぶち込む”事が出来ます。

タッピングネジ頭がナベ頭だろうと皿だろうとトラスだろうとテーブル板の厚みを貫通しない長さであればネジの太さが5mm以下で頭が5mm以上であれば問題なしです。

私は近所のホームセンタでステンレスのネジ買い、付属のネジを含め16本を丸座金(ワッシャー)をかまして取り付けました(数百円程の出費)。

問題点は鉄板の角が鋭利だったりするのでオトナはまぁ大丈夫でも小さいお子様がいるような方にはお勧めできないかも。場所を選ぶ・・という事です。
乳幼児?が机に座った自分の側に寄ってきた暁には?顔面怪我する可能性がなきにしもあらずという面においてのリスクです。

後は問題ありません。プラスチックのケーブルマネージメントが4本ついていてケーブルワイアリングで便利です。この値段にして大変お勧めかと思います。PC使用での肩こり、頭痛、眼精疲労など気になさっている方で尚、木製のテーブルにパソコンを置いている方は検討なさってみてはいかがでしょうか。

テーブルにキーボードを置いて作業していてノートや書類の置き場に困っている方などに本製品は最適かと思います。マニュアルは付属しておりませんでした。


【商品補足説明】
同社MDVDSK用のキーボードトレイ。手前には長時間のPCキーボードの疲れから手首を守るクッション付。マウストレイは左右どちらかにもスライドが可能。MDVDSKの作業スペースの拡充に欠かせないトレー。■Multidesk2/Multidesk共通オプション
■キーボード・トレイ
■デスクの真下にパソコン等のキーボードを設置可能
■左右に引き出し可能なマウスボード付
■ネジ止めで簡単に設置
■幅:610mm(取り付け耳を含む)
■奥行:410mm(トレー収納時)
■高さ:75mm(取り付け耳、マウストレイ含む)
■トレイ寸法:540X365mm
■マウスボード535×255mmX20mm
■高さ6cmのキーボードまで使用可能
※エディットセンター/ MDV-DSKの専用となります。MDVCNR1/3には使用できません。
↑私の様に木製のテーブルやその他に流用する事が可能。

【補足説明】
MIDDLE ATLANTIC(ミドルアトランティック)社とは?
1979年、米国New Jersey州でBob Schluterによって設立。各種業務用の音響機器や放送用設備をスチールラック内にマウントして使用するための音響用ラックシステムを皮切りに、映像用の収納ラックやスタジオ用家具など、スチールをふんだんに用いた商品を各種開発、米国にて普及させました。今や世界各国のユーザーからの要望に応えるべく、業界トップクラスの品質を誇るラックシステムを開発し続けている。

向かって右側のトレイ養生状態
向かって左側のネジ留め-黒いネジが純正品-他は私が刺した

【補足説明2】
マウスボードに関してですが,上記Spec表に正しく
535mm(横幅)×255(奥行)mm×20(板の厚み)mmとなります。尚,マウスボードはアルミ製ではななく合板(ベニア板)を黒く塗装したものです。
デフォルトは21㎝までスライド出来ますが,画像の通り,#2(6mm)程の+ネジが1本刺さっており,このネジのみでスライド幅をコントロールしているだけです。ネジを外してさらにスライドさせれば,他の端末なども置ける程の場所が確保出来るかと思います。ご参考までに記載しておきます。

デフォルトではスライド幅最大21.5㎜程度
ネジ1本で固定されており,ネジを刺す箇所を変えればスライド伸縮幅が可変

サウンドハウスで検討してみる。
サウンドハウスで検討してみる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。