【追悼】-“大滝詠一”-【Mourning】-Mr.”Oh-taki Eiichi”!!

日本人で40代以上の方であれば
名前はご存じの方かと思います。

大滝詠一..2013年12月30日65歳没。突然の死亡
原因は解離性動脈瘤。その後の音楽界に与えた影響は力は測りしれないものがあります。

70年代デビュー,
80年代の歌謡曲の裏方の重鎮的存在です。

また,ナイアガラ”NAIAGARA”や
”ロングバケーション”LongVacationという
キーワードで大滝さんをご存じでは。

若い世代の方は知らなくても,
現在でもCMで彼の曲は多用されており,
音楽を通じて,21世紀も影響のあるお方です。

会社の先輩が熱心な大滝さんのコア・ファン
であったため,蔵書からスキャン・ファイリング
して先日プレゼントしました。

大滝さんは
ミュージシャンズ・ミュージシャン(音楽家でリスペクトされて
いる存在)でもあります。

自分は創刊号から35年購読している音楽業界のマガジンが
あって,その情報を紙媒体で先輩にお渡しした次第です。

日本にはNHKという放送局があります。
特殊な放送局です。

NHKの優秀なコンテンツの中で音楽関連で”SONGS”という番組があります。

先日先輩からNHKの大滝さんを偲ぶトリビュート番組で
現役のアーティスト達の演奏を見ました。
シンガーは日本人の薬師丸ひろ子と鈴木雅之(すずきまさゆき)さんでした。

素晴らしい演奏と収録番組でした。

私は,若い頃リアリストでした。
目で見えるものしか信じられませんでした。

しかし,歳を追うごとに真逆になってきています。

この番組において,視聴者側から見てもどうしても
不思議で不自然な事がおきました。

これは所謂,”やらせ”ではないと思います。
不自然な・・・所謂”ポルターガイスト現象”が克明に録画されています。

怖いというより,むしろ,当たり前なのかと,最近思うようになってきましたw。

大滝さんを通じて,
最近は山下達郎を車の中で聞きまくってます。

ほんとうに切ないし,
素晴らしい。

大滝さんの音楽が”滝”なら,山下達郎の音楽は”風”です。

日本にも素晴らしいサウンドがあります。
問題は,言語の壁,それだけですよね!w。

In the Japanese
If it's more than one's forties
I think the name to be a person who knows.

Oh-taki Eiichi....
. . 65-years old death on December 30, 2013.
A sudden cause of the death is a dissecting aneurysm.
The influence given to the music boundary afterwards is measured and there is something of no be known.

Moreover, "NAIAGARA. "
Knowing Mr. Oh-taki by the key word named "Long vacation" it.

Even if you do not know the young generation
It’s still multiused, and the 21st century is a person
in his tune who has the influence in CM through music.

It scanned filed from the collection of books because the senior
in the company was cored a fan of ardent Mr. Oh-taki and it presented it the other day.

Mr. Oh-taki
It’s Mugeshanz musician (existence that the respect is done as a musician).

I was the magazine of the music business that had subscribed from the first number for 35 years,
and passed the senior the information by the paper medium.

There’s a broadcasting station named "NHK" in Japan.

It’s a special broadcasting station.
It’s a music relation and there is a program "SONGS" in excellent contents of "NHK".

Active service's artists' performances were seen in the tribute program that recalled
Mr. Oh-taki of NHK from the senior the other day.

Singer was Japanese Hiroko Yakushimaru and Masayuki Suzuki.

It was a brilliant performance and a collection program.
When it was young, I was a realist.

Only the one that was looked and gotten was able to believe.

However, it becomes the opposite truth it whenever Sai is chased.
In this program, a mysterious, by all means unnatural thing put it though it saw from the viewer side.

I think, this is not "Prearranged performances" so-called.

It is unnatural ・・・ So-called "Poltergeist phenomenon" is recorded in detail.

w that has come to be thought to be natural rather than scaring it recently.

Through Mr. Oh-taki
"Tatsuro Yamashita" is heard in the car and rolled up recently.

It’s really painful, and wonderful.

If the music of Mr. Oh-taki is "Waterfall",
Tatsuro Yamashita's music is "draft; or breeze;or wind ".,

There is a wonderful sound also in Japan.
The problem walls and is only that of the "jap's" language.ww

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。